中山康子:「病があっても自分らしく生きること地域で支える」

中山康子:「病があっても自分らしく生きること地域で支える」

看護師として〝生きる〟ことを選んだ中山康子さん。

さまざまな地域、時代、環境のなかで、
患者さんを真正面から見つめて、
受け止めてきた彼女がいま、
切実に感じていることとは何でしょうか。

テキスト化を担当していただいたのは、嶋田彰夫さん、一般市民の方です。

中山康子:「病があっても自分らしく生きること地域で支える」

 

関連記事

  1. 西村元一:〝フリ〟からフリー(Free)になる、医療でありたい。~「良い患者のフリ」をする患者と「わかっているフリ」をする医療者~

    西村元一:〝フリ〟からフリー(Free)になる、医療でありたい。~「良い患者のフリ」をする患者と「わかっているフリ」をする医療者~

  2. 田中勇一:自分らしく社会に貢献する生き方働き方

    田中勇一:自分らしく社会に貢献する生き方働き方

  3. 西 智弘: 社会的処方が拓く未来

    西 智弘:社会的処方が拓く未来

  4. 重光喬之:非交流型webサービス“feese”の挑戦

    重光喬之:非交流型webサービス“feese”の挑戦

  5. 天田 美鈴

    天田 美鈴:フリーナースから進化!!

  6. 岩本ゆり:意思決定支援~納得して決めるために~

    岩本ゆり:意思決定支援~納得して決めるために~

  7. 中村悦子:能登から発信できること

    中村悦子:能登から発信できること

  8. 宮澤靖:チーム医療に「魂」込めて

    宮澤靖:チーム医療に「魂」込めて

  9. 近藤克則: 健康格差の縮小は可能か?〜20年かけてわかったこと