奥山洋実:マイハイジニストを持とう!

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

イハイジニストを持とう!

歯科衛生士になって35年。以前は患者さんから「看護婦さん」「助手さん」と呼ばれることもありましたが近年は「歯科衛生士さん」と呼ばれるようになり、歯科衛生士の社会的な知名度は上がってきていると感じています。しかし「口腔の健康を守る専門職」としてその職業価値を多くの人に認識されているとは言えません。健康な口腔は人々のおいしく食べる、笑う、話すという幸せな生活を支えます。そして口腔の健康を守ることは全身の健康に繋がり、さらには介護予防にも寄与できると言えます。人生100年時代を迎え、すべての人が健康に生きる「健康寿命」を延ばすためにもっともっと私たち歯科衛生士が力を発揮しなければなりません。すべての人が健康を守るパートナーとして歯科衛生士(マイハイジニスト)を持つ日が来ることを願い日々活動しています。

奥山 洋実 Hiromi OKUYAMA

オーラルケアクリニック新宿有田歯科医院/歯科衛生士スタディグループ奥山会主宰

マイハイジニストを持とう!

関連プレゼンテーション

  1. 加藤 さやか

    加藤 さやか:一年前の誕生日プレゼントは「光のない世界」でした

  2. 山崎英樹:「ごく私的認知症医療史」

  3. 薩日内裕章:「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

    薩日内裕章:「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

  4. 川端 舞

    川端 舞: 権利としてのインクルーシブ教育 ―群馬の普通学校で育った重度障害者が伝えたいこと

  5. 永瀬哲也:絶望、光、幸福、そして…在宅医療を受けている娘との生活で考えたこと

    永瀬哲也:絶望、光、幸福、そして…在宅医療を受けている娘との生活で考えたこと

  6. 桑原直行:しあわせは歩いてこない、だから歩いていこう!

    桑原直行:しあわせは歩いてこない、だから歩いていこう!