西舘孝雄:消える町にも人はいる!

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

消える町にも人はいる!

最近の全国的な人口減少により、消滅地域という言葉を耳にします。我が地元大槌町も例にもれず、震災前の人口が15,277人でしたが1,233人の犠牲者と、他の地域への移住などを含め現在までにおおよそ3,000人が減少しました。震災直後は、自治体の様々な機能の破綻と急激な人口減少を目の当たりにし、自分自身に出来ることは何かを考え長年医療業界で培ってきた経験と地元での人脈を活用し、会社ぐるみで活動をしてきました。町の存続のためにも、人々が健康でいる必要があり、そのサポートをしていくことが我々の大きな役割であると感じています。「地域における健康コーディネーター」を目標に、今後も邁進してまいります。

西舘孝雄

つくし薬局

消える町にも人はいる!

関連プレゼンテーション

  1. 永井弥生:問題に向き合うということ

    永井弥生:問題に向き合うということ

  2. 浅比浩史:「シニアの就労支援事業について」

    浅比浩史:「シニアの就労支援事業について」

  3. 釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい

    釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい

  4. 清水麻理子:今こそ、歯科の重要性

    清水麻理子:今こそ、歯科の重要性

  5. 河瀬聡一朗:「介護が苦手な男性がアップアップの状態に~多職種と「男の介護教室」を開催~」

  6. 塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

    塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」