三浦正悦:生きてて良かった! ~ひとりひとりのドラマを創るコミュニティケア~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「生きてて良かった! ~ひとりひとりのドラマを創るコミュニティケア~」

医療だけではとれない痛みがある。 心の痛みを緩和し、地域コミュニティの中で一人のひとを支え、その人の生きる力を育むコミュニティ緩和ケアを実践してきた。 自分が支えているはずが、実は多くの方々に自分自身が支えられていた。 長年、活動を続けてきた三浦先生が、若い世代に伝えたいメッセージとは?

三浦正悦

穂波の郷クリニック 院長

生きてて良かった! ~ひとりひとりのドラマを創るコミュニティケア~

関連プレゼンテーション

  1. 小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

    小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

  2. 岸田ひろ実:ママ、死にたいなら死んでもいいよ 〜娘のひと言から私の新しい人生が始まった〜

    岸田ひろ実:ママ、死にたいなら死んでもいいよ 〜娘のひと言から私の新しい人生が始まった〜

  3.  高山かおる:人生100年時代の到来を自分の ‘足’ で迎え撃つ

     高山かおる:人生100年時代の到来を自分の ‘足’ で迎え撃つ

  4. 五島 朋幸: 食支援、それは勇気と希望

  5. 新井  舞

    新井  舞:外見コンプレックスと、子育て。 ~娘は小児脱毛症~

  6. 佐藤哲:「90歳ヒヤリング」

    佐藤哲:「90歳ヒヤリング」