滑川明男:「つながりを信じて ~グリーフケアの視点で考える~」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「つながりを信じて ~グリーフケアの視点で考える~」

「つながりを信じて」は、仙台グリーフケア研究会のテーマです。一人で世界を変える力を持つ人もいますが、私の様な凡人でも、いろいろな人とつながって支えて頂ければ、何らかの力を発揮する事が出来る。大切な人を亡くした方のわかちあいの会を行なって10年になります。ふと、見回すと多くの人につながって、ここまでやって来られたと実感しています。私は、大切な人を亡くした方々が安心してその心の声を語れる場であり続ける事を願いながら、わかちあいの会を続けて来ました。多くの人とのつながりが、その活動を支えてくれています。 そして、わかちあいの会を続けてくると、つながっているのは我々生きている者だけではない事に気付きます。亡き大切な人と遺された人。二人の関係性は、決して失われていない。グリーフケアの視点は、その関係性を大切にする事が基本です。関係性を大切にしながら、死を受け入れるお手伝いをする事が我々の活動です。

滑川明男

NPO法人仙台グリーフケア研究会理事長

「つながりを信じて ~グリーフケアの視点で考える~」

関連プレゼンテーション

  1. 谷合久憲:由利本荘にかほ最後の地域総力戦!~自分の町の医療・介護・福祉を自分達で守ろう~

    谷合久憲:由利本荘にかほ最後の地域総力戦!~自分の町の医療・介護・福祉を自分達で守ろう~

  2. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  3. 高橋隼人:最期を自分らしく迎える為に

    高橋隼人:最期を自分らしく迎える為に

  4.  谷川啓司:がんとどう戦えばいいのだろうか?

     谷川啓司:がんとどう戦えばいいのだろうか?

  5. 鈴木堅之:「もう一度自分の足で風をきって進む喜びを届けたい あきらめない人の車いす COGY」

    鈴木堅之:「もう一度自分の足で風をきって進む喜びを届けたい あきらめない人の車いす COGY」

  6. 菅康徳:ヒーロー ~消えゆく限界集落に、最後の医師として残る意味を見つける~

    菅康徳:ヒーロー ~消えゆく限界集落に、最後の医師として残る意味を見つける~