徳田英弘:穏やかに、朗らかに、和やかに、~自分らしく生ききるために~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

穏やかに、朗らかに、和やかに、~自分らしく生ききるために~

「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続ける」ことが、地域包括ケアシステムの目的です。今回のMEDプレゼンの要項にも“その人らしい暮らし、その人らしい逝き方”という言葉があります。奄美大島は、世界自然遺産を目指している、シマ唄、大島紬などを育んできた、私のシマ(故郷)です。このシマ(地域)の在宅ケアの場で、「潮干狩りをしていた磯を見たい」「娘にシマ料理を伝えたい」…などの想いを叶えて、穏やかに、朗らかに生ききった方々と出会い、旅立ちを和やかに見送られるご家族と語らってきました。その中で、「自分らしさ」とは、大切なひと、大切なものと、大切なときを生きることと思うようになりました。医療介護の仕事は、「大切なひと、大切なものと、大切なときを生きる」ためのお膳立てと言えるのではないでしょうか。このために、私自身も、関わる人たちも「穏やかに、朗らかに、和やかに、」過ごすことが日々の目標です。

徳田英弘

ファミリークリニックネリヤ

穏やかに、朗らかに、和やかに、~自分らしく生ききるために~

関連プレゼンテーション

  1. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  2. 田中志子:運転免許と認知症―

    田中志子:運転免許と認知症―

  3. 大石春美:「私の願い ~よみがえれ命全てを抱きしめて咲き誇れ!~」

    大石春美:「私の願い ~よみがえれ命全てを抱きしめて咲き誇れ!~」

  4. 萩原朔美:ことばが豊かな街を育む

    勅使川原洋子:置いてきぼりの精神障がい者

  5. 大髙美和:障害のある子どもたちが子どもらしく育てる居場所を創る~共に生きる、共に育つ~

    大髙美和:障害のある子どもたちが子どもらしく育てる居場所を創る~共に生きる、共に育つ~

  6. 清水麻理子:今こそ、歯科の重要性

    清水麻理子:今こそ、歯科の重要性