亀井倫子:kaigoスナックが、日本を救う! 〜ゆるく楽しい学びのススメ〜

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

kaigoスナックが、日本を救う! 〜ゆるく楽しい学びのススメ〜

私は普段は歯科医師として、在宅や施設での歯科診療や摂食嚥下障害(噛む・飲み込む機能の低下)の方の検査診断・リハビリなどを行っています。当事者や介護者に出会う中で、嚥下機能の低下や低栄養にどう対処するかなど「食べること」についての情報は、自分が思っていた以上に、必要としている人に届きにくいという現実を知りました。

最初は「支えたい」「伝えたい」という視点で勉強会などもやっていましたが、どうもしっくりこないというか、参加者と自分との間にいつも境界線を感じていました。「支える・支えられるじゃなく、一緒に楽しみたい!」そんな中で生まれたのが、街の飲食店などで介護食(嚥下調整食)やとろみつきのお酒の体験を提供しながら、医療従事者がホステスになって嚥下と栄養についての情報提供をする、という前代未聞の学びの場「kaigoスナック」でした。

「人間、最後に残る欲望は“食とエロ”」を合言葉に(笑)、「医療職たるもの、患者さんや介護者さんとお酒を酌み交わしてこそ一人前!」みたいな価値観で(笑)、あなたの街にこんなスナックが一夜限りでも開店したらそれが日本中に増えていったとしたらゆるく楽しく面白おかしく学びながら、日本は元気になっていくと思います!kaigoスナックが、日本を救う!

※ kaigoスナック® ぐんま模擬店をオープン!(1階大理石広間・ブレイクタイム)

亀井倫子 Kamei Michiko

MICHIKO KAMEI

歯科医師

一般社団法人日本kaigoスナック協会 代表理事
三鷹の嚥下と栄養を考える会 代表

歯科医師として一般外来での診療経験を経て、現在は施設や在宅にて高齢者・障がい者など嚥下障害患者に対し歯科診療・口腔衛生管理・嚥下機能検査・嚥下リハビリテーションなどを行っている。

療養中の高齢者や障がい者において、嚥下障害や低栄養は重度化するまで医療につながらず、つながったときにはすでに機能回復が困難である場合が多いという現状を日々の臨床において感じ、

「より早い段階で適切な情報を市民に提供したい、同時に、誰でもいつかは口から食べられなくなるということも伝えたい、そうなったときに自分や家族はどうしたいかを、早い段階から意識し準備できるようにしたい。」という思いから、三鷹市とその周辺地域住民の嚥下障害や低栄養について考え、行動する会として2015年に任意団体「三鷹の嚥下と栄養を考える会」を発足。

地域コミュニティでの勉強会や行政・地域のイベント参加などを行う中、座学ではなくリアルな体験を伴う、ゆるく楽しい学びの場を作りたいと考え、街の飲食店等で見た目も味も良い進化した介護食(嚥下調整食)やとろみつきのお酒の体験を提供するイベント「kaigoスナック」の企画を2016年1月に開始し、以後、企画を重ねる。2017年12月に「kaigoスナック」を商標登録し、2018年4月に「一般社団法人 日本kaigoスナック協会」を設立。

◆略歴・所属学会など◆
2003年広島大学歯学部卒業
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
日本静脈経腸栄養学会会員
日本在宅医学会会員

【介護食×スナック の学び】

お客様なのに調理を手伝ってくれる人がいたり
お客様なのに毎回お土産を持参してくれる人がいたり

もてなす側ともてなされる側の境界が曖昧で、
でもみんなが参加でみんなが楽しい、
これぞ日本のスナックの醍醐味だと思います

数々の医療介護現場において、“「支える側」「支えられる側」の概念の中で人は幸せにはならない”ということを痛感してきた医療従事者の運営スタッフも、
白衣を脱ぎ捨てて黒いワンピースのホステスになりきり、一緒に楽しみながらふざけながらおもてなしししています。

ご参加の皆様から、kaigoスナックでの体験や情報が、更に別の方に伝わって、必要な人に必要な情報が届く、そんなことが叶ったらいいなと思います。

そして私たちはこれからも、

“do for (誰かのために)”ではなく
“do with(あなたといっしょに)”の概念で、

相も変わらず真面目に悪ふざけしながら日本を救う所存です(笑)

kaigoスナックチーム一同

【HP、FBなど】

kaigoスナックHP:

https://kaigo-snack.webnode.jp

kaigoスナックFB:

https://www.facebook.com/kaigosnack

三鷹の嚥下と栄養を考える会FB:

https://www.facebook.com/mitakanutrition

【メディア】

朝日新聞デジタル(2017.03.09)

https://www.asahi.com/articles/ASK323JF7K32ULZL00F.html

介護ポストセブン(2017.08.16)

https://kaigo.news-postseven.com/6026

ATTENTION No.3(2017.05.24)

https://www.attention-healthcare.com/category/third-issue

facebook

https://www.facebook.com/kaigosnack

kaigoスナックが、日本を救う! 〜ゆるく楽しい学びのススメ〜

関連プレゼンテーション

  1. 宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療

    宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療

  2. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  3. 高橋万太郎:伝統産業がもっと魅力的になるためには

    高橋万太郎:伝統産業がもっと魅力的になるためには

  4. 角田 真住:髪を失った女性に笑顔と自信を

    角田 真住:髪を失った女性に笑顔と自信を

  5. 八代美千子:住み慣れた地域で生ききる

    八代美千子:住み慣れた地域で生ききる

  6. 中村悦子:能登から発信できること

    中村悦子:能登から発信できること