萬田 緑平:最期まで目一杯生きる

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

最期まで目一杯生きる

病気は老化の段階に名前を付けたものに過ぎない

罹患するのではなく老化だ

誰でも歳をとるから必ず臓器が老化して いつか使いものにならなくなる

心筋梗塞も脳卒中も癌も急にならない。ゆっくりなる。気がつかないだけ。

急にくるもの 知らないものは怖い辛い  知っていればさほど辛くない怖くない

病気は急に来ない 必ず来ることだから考えたい

大抵の医療、治療は延命治療 命を先送りにする手段

それが大切かどうかはその人の人生観 死生観次第

本人が望めば必要な治療

望まないと辛い延命治療 死なないように、出来るだけの事を、、

これ以上先送りに出来ませんでした 残念です

日本では人生は失敗に終わる事が約束されている

私は失敗の手伝いはもう嫌だ

人生を死から逆算して上手に生きて 人生「成功」に終わって欲しい その手伝いをする

勿論、自分の人生も「成功」で終わらせたい

萬田 緑平 Manda Ryokuhei

緩和ケア萬田診療所 院長

最期まで目一杯生きる

関連プレゼンテーション

  1. 佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

    佐々木淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

  2. 西村詠子

    西村詠子: 地域にあるがんに影響を受ける人たちの〝居場所〟〜少しの〝お節介〟と程よい〝つながり〟〜

  3. 佐藤 文: 脆くて弱い皮膚からの叫び「スキン‐テア」

    佐藤 文: 脆くて弱い皮膚からの叫び「スキン‐テア」

  4. 近森正幸:チーム医療推進WGの一委員として思うこと

    近森正幸:チーム医療推進WGの一委員として思うこと

  5. 原田恒弘

    原田恒弘:77年目の遺言

  6. 坂井 雄貴

    坂井 雄貴:医療は “生きづらさ” を変えられる ~診療所から伝える、マイノリティが暮らしやすいまちづくり~