佐々木淳:高齢社会を豊かな未来に 人生をより良く生き切るために必要なものは何か?

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

高齢社会を豊かな未来に 人生をより良く生き切るために必要なものは何か?

人は人生の最終段階において、さまざまなものを失っていく。歳を重ねていくことに対する不安や恐怖は、この「喪失」に起因するのだろう。しかし、老化は生き物として避けられない宿命だ。このプロセスを不幸なものにしない、そんなことができないだろうか。 人が幸せを感じる要因は大きく3つあるとされる。健康寿命、経済力、そして社会とのつながりだ。超高齢社会を豊かなものにするためには、この3要素をいかにケアできるのかが重要になる。 健康寿命の延伸には限界がある。経済力も自助努力だけでは制御できない。しかし、社会とのつながりは、工夫次第によっては維持が可能だ。そして、このつながりによって、心身の機能が低下しても、貯蓄がなくても、幸せに暮らし続けることができるのではないか。 16年間、在宅医療に専従し、多くの人生に伴走する中で「幸せに生き切った」と思える人たちの共通点と、自分たち自身の今後を考えてみたい。

佐々木 淳 Jun SASAKI

医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長/
内閣府規制改革推進会議専門委員

高齢社会を豊かな未来に 人生をより良く生き切るために必要なものは何か?

関連プレゼンテーション

  1. 鎌田 剛:社会連携 ― 医療連携,多職種連携のその先

    鎌田 剛:社会連携 ― 医療連携,多職種連携のその先

  2. 宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療

    宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療

  3. 佐藤真琴 地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性 株式会社PEER 経営者

    佐藤真琴:地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性

  4. 平栗潤一

    平栗潤一:「夢は介護職」人と育み未来につながる魅力ある社会を創る

  5. 日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

    日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

  6. 八代美千子:住み慣れた地域で生ききる

    八代美千子:住み慣れた地域で生ききる