長谷部浩司:由利本荘市の移住の取り組みについて

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

由利本荘市の移住の取り組みについて

由利本荘市では、平成27年4月に「仕事づくり課」を新設し、移住相談業務をスタートしました。「無料職業紹介所」による仕事の紹介と斡旋、空き家バンク登録事業者との連携による住居の紹介、これらをワンストップで対応するとともに、ユニークな取り組みをしています。これまでの移住者数は46組87人(県内2位)、この中には医療関係者も移住しています。この取り組みや実績に加え、「山・川・海」の豊な自然環境、手厚い子育て支援制度、医療・介護機関の充実などが評価され、『住みたい田舎ベストランキング2017』(宝島社)では、東北1位に選出されました。「移住」は、人口減少社会の進展にあたり、重要な取り組みの1つです。今後、一層取り組みを充実させていくには、地元で暮らすみなさん、企業等のご理解とご協力が不可欠です。みなさんが暮らす地域や職場に、移住者の受け入れを考えてみてはいかがですか。

長谷部浩司

由利本荘市役所まるごと営業本部

由利本荘市の移住の取り組みについて

関連プレゼンテーション

  1. 村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?

    村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?

  2. 糟谷明範:域社会の “空気” を変える

    糟谷明範:地域社会の “空気” を変える

  3. 清水 愛子:プレイフルケアのある社会 ~笑った分だけ強くなる『くちビルディング選手権』の挑戦

    清水 愛子:プレイフルケアのある社会 ~笑った分だけ強くなる『くちビルディング選手権』の挑戦

  4. 田中伸弥:「普通のくらし。」

    田中伸弥:「普通のくらし。」

  5. 佐藤哲:「90歳ヒヤリング」

    佐藤哲:「90歳ヒヤリング」

  6. 三浦正悦:生きてて良かった! ~ひとりひとりのドラマを創るコミュニティケア~

    三浦正悦:生きてて良かった! ~ひとりひとりのドラマを創るコミュニティケア~