坪谷透:「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

私は、自身の臨床医としての経験から、「健康の社会的決定要因(SDH, Social Determinants of Health)」を通じての予防に寄与したいと思うようになり、現在その研究をしています。様々な病気の発生には、遺伝子や生活習慣が起因していますが、ではその生活習慣は何が規定するのでしょうか?個々人のやる気・頑張りだけの問題でしょうか? 一人の医者として、目の前の患者さんにとってベストなものを提供することを目指そうとすると、医学をどんどん細分化しマニアックに深めていく(≒専門分化?)よりは、医者以外の多くの様々な他職種と協力・連携(IPW, Inter Professional Work)することを強化することの方が、患者さんのためになることが多いのでは?と思うようになりました。 さて、全く異なると思えそうなこのSDHとIPWという2つの概念ですが、今の私には、共通する何かがあるように思います。プレゼンでは、その私なりの解釈をお話しして、皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。

坪谷透

東北大学大学院 歯学研究科 助教 やまと在宅診療所登米 医師

「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

関連プレゼンテーション

  1. 中尾 彰宏:治療に貢献するITシステムを作りたい 

    中尾 彰宏:治療に貢献するITシステムを作りたい 

  2. 藤巻恵梨子:ワンケア・ワンギフト・ワンリハビリと、私たちが惹かれること

    藤巻恵梨子:ワンケア・ワンギフト・ワンリハビリと、私たちが惹かれること

  3. 永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

    永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

  4. 鈴木堅之:「もう一度自分の足で風をきって進む喜びを届けたい あきらめない人の車いす COGY」

    鈴木堅之:「もう一度自分の足で風をきって進む喜びを届けたい あきらめない人の車いす COGY」

  5. 長谷川尚哉:IBMってなに?鍼灸マッサージ師がお手伝いできる多職種連携

    長谷川尚哉:IBMってなに?鍼灸マッサージ師がお手伝いできる多職種連携

  6. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」