武蔵国弘:医者は病院の外に出よ!

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

医者は病院の外に出よ!

私は、医師の任務は医療行為だけでない、と考えています。生活者の健康を守るのが医師の務めです。病院の中において、医師は、診療行為として医療知識を患者に伝えます。病院の外で、医療知識を広く世間に伝える事で予防医療や医療産業の創出に貢献する事ができます。では、どう伝えれば良いでしょうか。 私が代表を務めるNPO法人MVCメディカルベンチャー会議では、2005年より100回以上のセミナーを重ね、医療人の交流基盤を創っています。医師限定のSNSを運営し、医療情報が蓄積される情報基盤を創っています。人が集まり、情報が集まり、その次のステップとして医工連携のモノ作りにトライしています。医療・介護に関わる産業界に医師の知見・経験を伝え、目の前の患者を救うモノ・サービス作りに取り組んでいます。また、有志の医師団がインターネット上に執筆するウェブ医学事典「Medipedia」はWikipediaの創設者ジミー・ウェールズ氏公認です。医師の任務は診療行為だけではありません。小生の著書「医者は病院の外に出よ」のタイトルの如く、医師の知見を予防医療や介護・福祉領域、産業界、生活者に向けて、「病院の外」で情報発信する事例を今回のフォーラムでお話しさせていただきます

武蔵国弘

MVCメディカルベンチャー会議

医者は病院の外に出よ!

関連プレゼンテーション

  1. 斉藤祥子: 外国人医療の現状-国際看護師・医療通訳として

    斉藤祥子: 外国人医療の現状-国際看護師・医療通訳として

  2. 宿原寿美子:~Hand in Hand~ 死化粧師の立場から想う事。

    宿原寿美子:~Hand in Hand~ 死化粧師の立場から想う事。

  3. 中尾彰宏:AIと共存する医療

    中尾彰宏:AIと共存する医療

  4. 富所 哲平

    富所 哲平:ヒト、モノ、地域をくっ付ける接着剤 としてのお笑い

  5. 中山康子:「病があっても自分らしく生きること地域で支える」

    中山康子:「病があっても自分らしく生きること地域で支える」

  6. 伊藤 清市:私たちのことを、私たち抜きに決めないで~先達の想いを次代に~

    伊藤 清市:私たちのことを、私たち抜きに決めないで~先達の想いを次代に~