大浦紀彦:切断阻止! Act Against Amputation!

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

切断阻止! Act Against Amputation!

「糖尿病で足を失う」ということを聞いたことがあるでしょうか。そんな人は見たことないようね。と都市伝説のように思っていませんか。 実は一般の人に知られていない「重症下肢虚血」という命を脅かす病態があるのです。 闘病することなく亡くなることも多いのでこれらの患者さんに巡り合うことが少ないのですが、実際には糖尿病の増加に伴ってこの疾患も増加しています。 切断される患者さんも増えているのです。 この疾患の治療は一つの診療科だけでは不可能で、多くの診療科や他の施設に呼びかけて協力体制をつくらないとできません。 さらにこの疾患の背景には、医療だけではなく社会的な問題も多くあることもわかってきました。 患者の医療従事者も行政(国)も認識していない状態では、学会というオタク集団だけの活動では体制づくりも進みません。 そこで啓発のためHP、Act AgainstAmputationを立ち上げました。 人間の尊厳である歩くこと元気に長生きすること、足について是非いっしょに考えてみませんか。

大浦紀彦

杏林大学 医学部

切断阻止! Act Against Amputation!

関連プレゼンテーション

  1. 橋本大吾:「『人はつながりが無いと生きていけない』 〜すべての医療、介護職には人をつなげる力がある〜」

    橋本大吾:「『人はつながりが無いと生きていけない』 〜すべての医療、介護職には人をつなげる力がある〜」

  2. 小野友美:在宅にこそ専門的皮膚・排泄ケアを ―訪問WOCナースとしての取り組み―

    小野友美:在宅にこそ専門的皮膚・排泄ケアを ―訪問WOCナースとしての取り組み―

  3. 草刈拓:「赤ひげ」

    草刈拓:「赤ひげ」

  4. 清水広久:チーム医療と信念対立 ~ 真のチーム医療構築を目指して~

    清水広久:チーム医療と信念対立 ~ 真のチーム医療構築を目指して~

  5. 永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

    永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

  6. 丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

    丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」