高橋悦堂:「臨床宗教師がみる夢 ~岡部健の想いを継いで~」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「臨床宗教師がみる夢 ~岡部健の想いを継いで~」

がんなどの難病を患い、残された時間を自宅で過ごしたいという方の想いに応えてきた岡部医師。その岡部医師の最後の夢「臨床宗教師」として、岡部医師の夢を受け取った高橋氏。 死を目前にした患者のそばにいて、臨床宗教師が発揮すべき力とは?

高橋悦堂

普門寺 副住職

「臨床宗教師がみる夢 ~岡部健の想いを継いで~」

関連プレゼンテーション

  1. 宮崎詩子:「認知症の「恋心」を知りたい」

    宮崎詩子:「認知症の「恋心」を知りたい」

  2. 塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

    塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

  3. 佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

    佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

  4. 酒向正春:超高齢化社会における日本の役割

    酒向正春:超高齢化社会における日本の役割

  5. 五島朋幸:最期まで口から食べられる国、日本

    最期まで口から食べられる国、日本

  6. 北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

    北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―