佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

自分の病気との附き合いかた

自分の病気との付き合い方 1)入院に至る経緯:昨年2月ころ、かかりつけ医からレントゲンを撮ると肺に曇りが入ると言われ、由利組合病院呼吸器内科にて検査、誤嚥性肺炎ということで即入院となる。2)入院中の経過:入院の3日後、言語聴覚士より食前に行うお口の体操の指導あり、最初の食事は小さなゼリー1食1個でした。その後、刻み食という、おかゆにおかずは魚、野菜すべてミキサーにかけて調理したものを食する。3週間で退院す。平成29年2月に入院、退院、また発熱、再度入院となる。3月で主治医が定年退職なので、後任の医師の紹介あり。 3)主治医の変更による変化:新しい主治医が病室に来ての開口一番「まだやることがあるはずだ」でした。食前、食後の歯磨き、まず虫歯の治療、丁寧な口腔ケア、先生の教えを守りました。食事が美味しく、体重が増えた。 4)退院後の生活:毎日午前2時間、午後3時間、屋外での趣味を楽しむ。

佐々木喜一郎

一般市民

自分の病気との附き合いかた

関連プレゼンテーション

  1. 中西百合:「医療・福祉・会議の現場にもファシリテーションのスキルとマインドを」

    中西百合:「医療・福祉・会議の現場にもファシリテーションのスキルとマインドを」

  2. 細谷和美:「認知症になってもハッピーに暮らせる街に」

    細谷和美:「認知症になってもハッピーに暮らせる街に」

  3.  谷川啓司:がんとどう戦えばいいのだろうか?

     谷川啓司:がんとどう戦えばいいのだろうか?

  4. 西 晃:口から食べるへの道

    西 晃:口から食べるへの道

  5. 菅康徳:「ヒーロー~消えゆく限界集落に、最後の医師として残る意味を見つける~」

    菅康徳:「ヒーロー~消えゆく限界集落に、最後の医師として残る意味を見つける~」

  6. 中村起也:「患者さん、利用者さん、中村さん」

    中村起也:「患者さん、利用者さん、中村さん」