髙﨑美幸:訪問栄養が広げる笑顔の輪!!

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

訪問栄養が広げる笑顔の輪!!

管理栄養士の訪問栄養食事指導ってご存知ですか?「栄養指導」なんて、在宅に必要ないって思われる方もいらっしゃるかも知れません。「難しい。」「面倒くさい。」「在宅に病院を持ち込むな。」「ターミナルの患者さんに栄養士が来て何をやるの?」私自身も色々な事を言われました。でも訪問栄養が目指すのは、病院の栄養指導とは少し違う在宅の食支援です。美味しいものを食べたら自然に笑顔がこぼれますよね。一人で食べる食事は味気ないけど、同じものでも好きな人と食べたら美味しく感じたりしませんか?管理栄養士は、在宅の患者さん、介護されているご家族に笑顔をお届けできると思っています。最期まで口から食べて、自分の暮らしたい場所で、自分らしく元気で活き活きと生活できるように、「食」と「栄養」がお役に立ちます。「笑顔の栄養学」で、介護する人もされる人もHAPPYに!!全国に笑顔の輪を広げていきたいと思います。

髙﨑美幸

鶴巻温泉病院 栄養サポート室

訪問栄養が広げる笑顔の輪!!

関連プレゼンテーション

  1. 釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい

    釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい

  2. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  3. 桑原直行:しあわせは歩いてこない、だから歩いていこう!

    桑原直行:しあわせは歩いてこない、だから歩いていこう!

  4. 佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

    佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

  5. 高橋悦堂:「臨床宗教師がみる夢 ~岡部健の想いを継いで~」

    高橋悦堂:「臨床宗教師がみる夢 ~岡部健の想いを継いで~」

  6. 小川敦史

    小川敦史:腎臓病患者のためのカリウム含有量が少ない野菜の栽培方法の開発 ~食べれないものが食べれるってなんかいい!~