奥山洋実:マイハイジニストを持とう!

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

イハイジニストを持とう!

歯科衛生士になって35年。以前は患者さんから「看護婦さん」「助手さん」と呼ばれることもありましたが近年は「歯科衛生士さん」と呼ばれるようになり、歯科衛生士の社会的な知名度は上がってきていると感じています。しかし「口腔の健康を守る専門職」としてその職業価値を多くの人に認識されているとは言えません。健康な口腔は人々のおいしく食べる、笑う、話すという幸せな生活を支えます。そして口腔の健康を守ることは全身の健康に繋がり、さらには介護予防にも寄与できると言えます。人生100年時代を迎え、すべての人が健康に生きる「健康寿命」を延ばすためにもっともっと私たち歯科衛生士が力を発揮しなければなりません。すべての人が健康を守るパートナーとして歯科衛生士(マイハイジニスト)を持つ日が来ることを願い日々活動しています。

奥山 洋実 Hiromi OKUYAMA

オーラルケアクリニック新宿有田歯科医院/歯科衛生士スタディグループ奥山会主宰

マイハイジニストを持とう!

関連プレゼンテーション

  1. 日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

    日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

  2. 八代美千子:住み慣れた地域で生ききる

    八代美千子:住み慣れた地域で生ききる

  3. 山田俊介

    山田俊介:ていねいに生きる。ここで咲く。

  4. 佐々木淳

    佐々木淳:高齢社会を豊かな未来に 人生をより良く生き切るために必要なものは何か?

  5. 小野友美:在宅にこそ専門的皮膚・排泄ケアを ―訪問WOCナースとしての取り組み―

    小野友美:在宅にこそ専門的皮膚・排泄ケアを ―訪問WOCナースとしての取り組み―

  6. 鈴木 宏和:自費リハビリという選択肢

    鈴木 宏和:自費リハビリという選択肢