小尾 勝吉:生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

皆さんは、人生最期を迎える際に、どのような気持ちで幕を閉じたいですか?
人生最期の“心の状態”は、とても大切だと思うのです。
酸素マスクをつけて、排泄もクダでオムツ・車いす、栄養は口からではなくて胃ろうで、介護状態、、、そんな状態で亡くなりたくないと思います。
私の母親はそのような状態で亡くなりました、最期は震えて苦しんでいました。

人生は有限。
しかも、いつ人生の幕を閉じるのか、誰にもわかりません。
だからこそ「生まれてきてよかった」という状態に入っていきたい。
誰もが必ず役割をもって生まれてくる。
その役割に気づき、心からの「ありがとう」の言葉に包まれながら、困った時にそっと手を差し伸べてくれる仲間がいて、心は解放され、自分の短所を誰かの長所で生かしあいながら生きる事ができたら、いかがでしょうか?
そんな世界を“村づくり”を通じて実現したいと、愛さんさんグループは考えております。
共に実現していきませんか?

小尾 勝吉 OBI KATSUYOSHI

愛さんさんグループ 代表

生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

関連プレゼンテーション

  1. 菅原睦実:インクルーシブって? オータムライスフィールドってなに?

    菅原睦実:インクルーシブって? オータムライスフィールドってなに?

  2. 原 敬造:地域に根ざした精神科クリニック

    原 敬造:地域に根ざした精神科クリニック

  3. 斉藤祥子: 外国人医療の現状-国際看護師・医療通訳として

    斉藤祥子: 外国人医療の現状-国際看護師・医療通訳として

  4. 五島朋幸:最期まで口から食べられる国、日本

    五島朋幸:最期まで口から食べられる国、日本

  5. 宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療

    宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療

  6. 岸 あさこ: 生きるための「決意」の一枚

    岸 あさこ: 生きるための「決意」の一枚