五島 朋幸: 食支援、それは勇気と希望

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

食支援、それは勇気と希望

1997年に訪問歯科診療を始めて四半世紀も経ってしまいました。右も左もわからぬまま始めたのは31歳。今や57歳になってしまいました。自分自身、過去を振り返る人間ではありませんが、できなかったことは無限のようにあります。その中で、いくつかの成功例を思い返してわかることがあります。五島朋幸だからできたのだと。
学生時代から決して優秀な人間ではありませんでした。知識にしろ、技術にしろ、私以上に長けている人間は数多くいます。しかし、私にはあったのです。在宅力、食支援力、体力…そして誰にも負けないほどのパッション。だからできたのだと。
あなたに伝えたいことがあります。パッションは人を動かします。パッションは人を変えます。
もう、一生口から食べられないと言われた方が口から食べられるようになった姿を何人も見てきました。ご本人や家族が喜びで涙する姿を何人も見てきました。パッションは社会を変えます。

五島 朋幸

ふれあい歯科ごとう/食支援研究家

食支援、それは勇気と希望

関連プレゼンテーション

  1. 丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

    丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

  2. 狭間研至:薬局から始める地域医療イノベーション

    狭間研至:薬局から始める地域医療イノベーション

  3. 大浦敬子:どこでもいつでもおとなの学校 〜要介護高齢者だって学びたい〜

  4. 石井富美:ヘルスリテラシー向上への取り組み みなさん、まちへ出ましょう!~

    石井富美:ヘルスリテラシー向上への取り組み みなさん、まちへ出ましょう!~

  5. 大石春美:「私の願い ~よみがえれ命全てを抱きしめて咲き誇れ!~」

    大石春美:「私の願い ~よみがえれ命全てを抱きしめて咲き誇れ!~」

  6. 大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり

    大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり