宮地貴士:ザンビア共和国に命の灯を~診療所建設に向けた学生たちの挑戦~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

ザンビア共和国に命の灯を~診療所建設に向けた学生たちの挑戦~

ザンビア共和国マケニ村。そこには命を守る拠点がありません。「今後10年、20年の間に亡くなってしまうかもしれない命を少しでも多く救いたい」私たちは診療所建設を決意し、日本での資金集めを開始しました。その手段として選んだのは、“ザンビア風お好み焼き”の販売です。なぜ医療系学生である私たちが、お好み焼きの出店という泥臭い活動を続けるのでしょうか?それは、医療施設がないという一つの側面だけでなく、食文化をはじめとするザンビアの真実を届けたいからです。ザンビアの文化を日本に届けて、日本の援助をザンビアに届けるために、これからも鉄板の前に立ち続けます!そして、診療所開設後もザンビアの人々と連携し、日本からの手助けがより良い影響を及ぼせるよう、長期的にフォローアップしていきます。すべての命が人生を全うできる社会に一歩でも近づけるために、私たちの活動は続いていきます。

宮地貴士

秋田大学生

ザンビア共和国に命の灯を~診療所建設に向けた学生たちの挑戦~

関連プレゼンテーション

  1. 佐々木 直:地域在宅医療を支える訪問看護ステーションを目指して

    佐々木 直:地域在宅医療を支える訪問看護ステーションを目指して

  2. 長谷川良子:点から立体に ~行政の役割~

    長谷川良子:点から立体に ~行政の役割~

  3. 糟谷明範:「“いま”出来ることを“いま”発信し“いま”行動する」

    糟谷明範:「“いま”出来ることを“いま”発信し“いま”行動する」

  4. 村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?

    村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?

  5. 谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

    谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

  6. 高橋悦堂:宗教者の臨床~生死をこえて、ともに~

    高橋悦堂:宗教者の臨床~生死をこえて、ともに~