森下真次:メメント・モリ的な生き方の勧め

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

メメント・モリ的な生き方の勧め

過去や未来がなくなる。もしもそうなった時、私たちはどうなるでしょうか? あるのは今だけ。現在だけが永遠に繰り返される。昨日があり、今日が来て、明日になる。私たちはこの事を当たり前と思い、疑うことなどありません。でも、昨日が無くなり、明日も無意味になったとしたら、どうなるでしょう。戸惑い、絶望して泣き叫ぶでしょうか? 絵空事ではなく、このような状態になっている人が世界中で増えているのです。メメント・モリ。この聞きなれない奇妙な言葉はラテン語です。直訳すると「死を記憶せよ」です。かつて中世ヨーロッパのキリスト教世界で盛んに言われました。「神の居られる死後の世界に思いを馳せ、現世での享楽を慎みなさい。」多くはそのような意味で使われていました。しかし実はこの言葉のオリジナルには、これに続く言葉があったのです。これこそが冒頭の状態に陥った時の救いとなり、生き方の指針となるでしょう。

 森下真次

高の原中央病院

メメント・モリ的な生き方の勧め

関連プレゼンテーション

  1. 大高美和

    大高美和: すべてのいのちを世の光に。~助かったいのちのその先~

  2. 中澤桂一郎

    中澤桂一郎:たのしくやろうフレイル・オーラルフレイル予防 ~ピロピロの活用~

  3. 丸山道生:愛する人を生かしたければ胃瘻を造りなさい

    丸山道生:愛する人を生かしたければ胃瘻を造りなさい

  4. 岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~

    岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~

  5. 秋山 和宏

    秋山 和宏:影響力の研究―いのちの場から社会を良くする

  6. 内藤 聡

    内藤 聡:言葉の受粉を目指すために