天田 美鈴:フリーナースから進化!!

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

フリーナースから進化!!

看護師25年目。2年目に病気は薬だけでは完治しないと気が付き、心理学、脳科学、運動療法を学ぶ。20年目にバーンアウトがきっかけで量子力学を学び、自己肯定感の向上、自己実現、渡りに舟を体験。19年間の病院正社員勤務の経験を活かし、派遣会社登録なしで『好きなことを仕事に』フリーランスで現役『フリーナース』を実現。介護施設と訪問看護ステーションの立ち上げ、管理者を経て、再度、フリーナースへ復活。「どうしたらフリーナースになれますか?」個人相談が絶えなかったことから、4年前よりビジョンにあった「私に出来る事を伝えたい」法人設立を決意。『ワークライフバランス』『自分らしく働く』を重視、『看護のチカラを社会へ活かす』を理念に、ホリスティック、量子力学などを通し、自分本来の能力を発揮するサポートや育成、オンラインナース、働き方改革、ダイバーシティ、次世代へ繋ぐ、全国のナースへホームベースを創ります。

天田 美鈴 Misuzu AMADA

一般社団法人フリーナース看護協会 代表理事/ 群馬県働き方改革アドバイザー

フリーナースから進化‼

 コロナでストレス社会。だからこそ私は、自分らしく活き活き働くナースを増やしたいと思っています。
(3人の女性が並んだスライドを参照しながら)いまここに居る3人--私が真ん中にいます。--は、神奈川県と東京のホリスティックを学ぶナースの私たち3人が、今年3月31日に会社を設立しました。
 では私がこの会社を、法人を設立した「なぜ??」の理由、3つあります。
 まず1番目、うつ、自殺者がコロナでますます増加しています。元々日本は先進国の中でも、うつと自殺者が多い国になっています。そして、ナースという職業が全職業の中でうつ病の発症率が一番高い職業なんです。
 そして2番目、フリーナースの仕事がコロナになって激減しています。
 そして3番目、ナースプラスアルファの資格が活かされていないという現状があります。看護を現場で学ぶ中で色んな気づきや学びがあって、セラピストやほかの資格を取るナースがすごく増えているんですが、まったく資格が活かされていない。コロナになってますます活かされていない状況があるからです。
 ではその前に、元々コロナになる前からの状況を知っていただきたいです。「潜在看護師」といいまして、看護資格は持っているんだけれども、現在看護師として働いていない看護師が全国に71万人もいるんです。ではなぜ看護師を辞めてしまったのか、というデータがあります。日本看護協会から出ているデータです。
 ではなんで辞めてしまったのか、多いベスト3です。
 まず一番目は、やはり女性が多い職場なので、出産育児。これはしょうがないことだと思います。ですが次からが問題です。(2番目)自分の健康状態、身体的なものが理由で辞めました。そして3番目、精神的なもので辞めました、ということで、看護資格を取ったものの、この2番目、3番目が問題なんですね。働いてる中で、結局心と体をこわしました、という状況になって働けなくなっている看護師がすごく多い、という事実なんですね。それ以外にも色々ありますが、私は2番目、3番目のところを問題解決したくて法人を立ち上げています。そしていますごく元気そうに見える私も、6年前に想定外のバーンアウトを経験しました。ちょうど正社員で総合病院勤務。急性期の病院でしたが、20年目のところでした。NICUに所属した8年目の状況でした。NICUというのは新生児集中治療室といって、特に赤ちゃんの中でも重症な子供さんが入院する施設ですね。(スライドを指しながら)いまここで見えている赤ちゃんは、人工呼吸器を使っている赤ちゃんです。私はこのときですね、「看護が大好き」、「この仕事が大好き」、「この病院で定年まで働きたい」、「この病院と仲間が大好き」、こういう思いがあるのにも関わらず、バーンアウトしてしまったんです。なので私はすごくショックでした。絶望、くらいの感じです。ですが私は看護師20年目で、大きな病院で働いているということは、やはりたくさん後輩がいるわけですね。そして、双子の子育てをしながら頑張ってる私を見て、私がムードメーカーだから頑張ってくれている後輩がたくさんいる中で、私はバーンアウトした、ということが言えなかったんです。なので私は演じきって、病院を退職しました。そして私はバーンアウトしました、ということを公開したのは、退職してから3年後のことです。
 では、そんな私がなぜ「フリーナース」という肩書で現役で看護師をしているのか? ということです。私は体調の回復を待ちながら、約一年間掛かりました。「大好きな看護に復帰したい」、私にとって子育てをしながら大切な家族や自分の時間を確保して、大好きな看護を続けていくための唯一の方法がフリーナースだったんです。
 (スライドを参照しながら)ここに出てる写真は、渋谷で「ナースフェス」というイベントが企業さんで行われたときに、お声が掛かって登壇させていただいたところです。私は予防活動をしているので、寝たきり予防の「ロコモ予防体操」をしている、またそのナースを育てているので、そこで登壇させていただいて、ヤフーに載った写真になっています。そしてこの私、群馬の田舎でフリーナース、「そんなのできっこないよ」って言われました。ばかにされたこともありました。ですけれども、私は周りにいるたくさんの人のお陰で、ご縁があって、私はフリーナースという活動をもう6年目に入りました。なのでこの私のフリーナースっていうのは活動の一部なんですけれども、こんなかたちで現役でお仕事をさせていただいています。メンタルヘルス事業のストレスチェック実施者、あとは本当にこれもありがたいんですけれども、派遣会社ではなく、私は知り合いの訪問看護ステーションや介護施設や個人病院などでも、私が働ける時に期間限定で働かせていただいています。あとは中学校、中学生中体連の救護だったり、さっきも言った大きなイベントだったり、あとはツアーナースといって、いまちょうど上側のディズニーランドの写真があると思うんですけれども、これは群馬県と教育委員会と群馬県観光協会から指名でお仕事をいただいているものなんですが、群馬県の特別支援擁護学校の中でも特に重症な子供さんがいる学校の修学旅行のサポートをさせていただいています。私はNICU、子供が特に重症な所属で働いていた時にバーンアウトしました。この仕事を指名でいただいた時は、神様がくれたお仕事だと思って、今もずっとさせていただいています。ただし去年に関してはコロナだったので、なかったんです。そしてあとは私が心と体を壊した時に量子力学を学んで、自分の嗜好や世界観を変えたいと思って学んだこの開華セミナーのももう毎月、4年以上セミナー開催をさせていただいています。
あとは国際ホリスティック看護協会さんの方から動画販売のほうもご依頼がありまして、こちらのほうもさせていただいています。あとはアロマセラピストの方もさせていただいています。
 こういった内容も「絶対出来っこないよ」って言われたのを、私は本当に周りの人のお陰でさせていただいています。
 なのでフリーナース看護協会は3本の柱を立てています。
 (スライドを参照)まずピンクのところ。フリーナースというのは働き方改革だったり自己実現のところで、働き方の多様性、ダイバーシティということで立てています。
 そして予防ケアというところですが、病院の方は「卒業」というかたちで私は捉えていますので、もっとセラピストの人が地域を支える、地域に皆さん生活しているので、そういったサポートをケアしていきたいと思っています。
 私はいまこのフリーナースをしていますが、じつはいまが第4ステージだと思ってるんですね。総合病院で急性期で治療に専念して命を助けていた自分が第1ステージ。フリーナースを個人でしていたのが第2ステージ。そして3番目は、少し前まで介護施設と訪問看護の管理者立会をやっていたんですね、ちょっとだけフリーナースをお休みしました。それが第3ステージ。そして第4ステージは、フリーナースは自分個人でなくみんながやりたいと思う仲間を、私が一緒に連れていきたいと思ってやっています。そしてあとは社会、未来へということで、これだけ看護師の人が働けない状況になっているという中で、次の世代に働き方改革としてバトンしていきたいと思うんですね。
 だから未来へこの働き方や、私がこのフリーナースとして活動している後ろ姿を見せたいと思ってやっていますから、未来のナースへバトンしていきたいと思っています。
 そしてフリーナースをしているので、本当に全国から、外国に働いている看護師さんからもありますが、相談がすごい多いですね。もう本当に100件以上ということで、この相談の多いベスト3ですね。
(スライドを参照しながら)1、どうしたらフリーナースになれますか? 2番目、フリーナースになったのですが、収入が安定しません。天田さんはどうしているんですか? 3番目、フリーナースになるのにはどんなスキルが必要ですか? …ということで、本当に色んな方からこういった相談を受けます。そしてじつはナースのみならず、お医者様や、あとは保育士さんだったり、フリーのフィットネスインストラクターの方からも、共通の悩みですよね、ということで、同じ質問を相談されます。
 なので私が一人ではなくみんなとやりたいという思いから、フリーナースのプラットフォームを作ることにしました。私が5年以上行ってきたフリーナース。病院以外のあらゆる職域の看護に携わってきました。私の経験が少しでもお役に立てることが、いまは喜びです。
 ワークライフバランスを大切にし、自分らしく。看護のお仕事を喜び、楽しさ、私はフリーナースになってますます看護が大好きになりました。もっと分かち合いと思っています。なので問題のナースプラスアルファの資格が活かせないという問題は、セラピストナースが訪問看護としていけるような仕組みを作っていきます。
 あとは、いまコロナです。コロナで仕事に行けないという状況が多いです。なのでオンラインナースとして、相談授業のほう、やっていきたいと思います。
 セラピストのほか、あとはやはり看護師の中でも、カウンセラーになったりコーチングの学びをしたり、色んなナースがいるんですが、全然資格が活かされていません。なので、フリーナース看護協会は、会員様をこれから募集していきます。5月に、クラウドファンディングをやっていきます。そして会員の皆様には、こういった内容を私たちがコロナでストレス社会だからこそ、心と体を守ってほしいから、無償提供のほうをしています。
 もちろん、看護職だけではなく一般の方も全員の方が会員登録可能になっています。
 新月にクリスタルボウルの生演奏を、28日に1回新月が来るので、1年間だと13回ありますので、こちら無料で受けれるようにしていきます。
 そして、Zoomでお話し会や相談会を無料で6回、参加できるようにしていきます。そしてナースプラスアルファの資格を持ったナースたちがたくさんいるので、勉強会やシェア会、イベントなんかをしていきたいと思います。
 そしてこの私も量子力学のセミナーをやっていますのでここの招待や、あとは波動調整遠隔ヒーリングだったり、フラワーエッセンスなんかのプレゼントもしていきたいと思います。
 クリスタルボウルっていうのがなんなのか分からないという方もいるので、ちょっとここで期待できることということで紹介していきます。
 ヨーロッパでは音楽療法で使われています水晶でできた楽器なんですね。そして血液もさらさらしたり活性化する働きがあるとエビデンスが取れています。あとは自律神経やホルモンのバランスを整える期待があります。あとはリラクゼーション高価がります。あとは肉体的疲労や、精神的ストレスを解放します。たった30秒で脳波がアルファ波からシータ波になります。深い眠りに就くことができます。自然治癒力が高まります。アメリカ、北米ではガンの治療に使われています。腫瘍がそれ以上広がらないことが報告されています。
 ということで、私はこれからの未来ある次世代子供たち、ナースにつなぎたいと思います。自分らしく多様性のある働き方へ、ナースが生き生きと働ける未来にしていきます。
 私がこの6年間フリーナースをしてきたからこそ、私が経験したことをみんなと一緒に作っていきたいんです。ご協力お願い致します。ご清聴、ありがとうございました。

テキスト化「ろくや」さん

関連プレゼンテーション

  1. 本多智康: よりよき人生の最終章のために ~人生最期の締めくくりのお手伝い~

    本多智康: よりよき人生の最終章のために ~人生最期の締めくくりのお手伝い~

  2. 細田修:在宅医療の普及への挑戦

    細田修:在宅医療の普及への挑戦

  3. 浅田 ともみ:「医療×ネイルの可能性」~看護師&ネイリストとしての生き方~

    浅田 ともみ:「医療×ネイルの可能性」~看護師&ネイリストとしての生き方~

  4. 間々田 久渚

    間々田 久渚:LGBTから考える多様性と居場所づくり

  5. 長谷部浩司:由利本荘市の移住の取り組みについて

    長谷部浩司:由利本荘市の移住の取り組みについて

  6. 皆川 典久:目からウロコ?! 地形に着目する町歩きのススメ

    皆川 典久:目からウロコ?! 地形に着目する町歩きのススメ