長谷川良子:点から立体に ~行政の役割~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

点から立体に ~行政の役割~

困った状況になったあなた。絶望的になり思いがけずもろい自分に気づかされます。病気や突然の不幸と直面したあなたはどこの誰を頼ったら良いのでしょうか。相談する内容を伝える言葉が見つからず空回り。困った事を把握し伝えてくれる人がいてくれたらと、切に願うのではないでしょうか。行政とは、昨今の大災害時でも分かるように究極の「頼りになる機関」。行政に勤務する保健師は困ったあなたの通訳者であると私は考えます。制度を分かり易く示し、困った状況の程度に併せて関係機関に繋げたり、必要な支援をコーディネイトしたり。でも、それだけではありません。個々の問題として終わらせず「家族や地域社会が抱える課題」にまで問題の本質を掘り下げ、今この地域全体で何が必要とされているのかを施策にまでも発展させる。そんな役割をもつ行政保健師を、多くの方に知っていただきたいのです。

長谷川良子 HASEGAWA RYOKO

由利本荘市役所市民部市民課市民相談室

点から立体に ~行政の役割~

関連プレゼンテーション

  1. 角田真住

    角田真住:髪を失った女性に笑顔と自信を

  2. 永井康徳:最期まで自分らしく生きる

    永井康徳:最期まで自分らしく生きる

  3. 西 晃:口から食べるへの道

    西 晃:口から食べるへの道

  4. 坂井 雄貴

    坂井 雄貴:医療は “生きづらさ” を変えられる ~診療所から伝える、マイノリティが暮らしやすいまちづくり~

  5. 坂本文武:みんなで医療をデザインしよう

    坂本文武:みんなで医療をデザインしよう

  6. 岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~

    岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~