佐藤隆裕:「家で看取ること」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「家で看取ること」

人生を四季に例えるなら、死に至る病を患う人は、秋から冬へ向かうところ 。 冬を迎える準備。秋をどう過ごすか?秋をどう過ごしたいのか? 死に至る病を患う、苦しさ、悲しさ、寂しさ。それらを癒そうとすることで、それを学ぶ。 在宅緩和ケアを先進的に実践している佐藤先生の「家で看取ること」とは?

佐藤隆裕

医療法人社団爽秋会 岡部医院 院長

「家で看取ること」

関連プレゼンテーション

  1. MED Japan 2018 特別講演 生命論パラダイムの時代 − 21世紀、人類の文明は、どこに向かうか − 田坂広志 多摩大学大学院 教授 田坂塾 塾長 シンクタンク・ソフィアバンク 代表 世界賢人会議The Club of Budapest日本代表

    田坂広志

  2. 村田幸生:「外科医として在宅に携わる」

    村田幸生:「外科医として在宅に携わる」

  3. 皆川 典久:目からウロコ?! 地形に着目する町歩きのススメ

    皆川 典久:目からウロコ?! 地形に着目する町歩きのススメ

  4. 田上恵太:杜の都で終う人生のストーリー ~多死時代に向けた地域への挑戦~

    田上恵太:杜の都で終う人生のストーリー ~多死時代に向けた地域への挑戦~

  5. 萩原朔美:ことばが豊かな街を育む

    勅使川原洋子:置いてきぼりの精神障がい者

  6. 井階友貴:赤ふん坊やが進める”健康のまちづくり”

    井階友貴:赤ふん坊やが進める”健康のまちづくり”