森下真次:メメント・モリ的な生き方の勧め

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

メメント・モリ的な生き方の勧め

過去や未来がなくなる。もしもそうなった時、私たちはどうなるでしょうか? あるのは今だけ。現在だけが永遠に繰り返される。昨日があり、今日が来て、明日になる。私たちはこの事を当たり前と思い、疑うことなどありません。でも、昨日が無くなり、明日も無意味になったとしたら、どうなるでしょう。戸惑い、絶望して泣き叫ぶでしょうか? 絵空事ではなく、このような状態になっている人が世界中で増えているのです。メメント・モリ。この聞きなれない奇妙な言葉はラテン語です。直訳すると「死を記憶せよ」です。かつて中世ヨーロッパのキリスト教世界で盛んに言われました。「神の居られる死後の世界に思いを馳せ、現世での享楽を慎みなさい。」多くはそのような意味で使われていました。しかし実はこの言葉のオリジナルには、これに続く言葉があったのです。これこそが冒頭の状態に陥った時の救いとなり、生き方の指針となるでしょう。

 森下真次

高の原中央病院

メメント・モリ的な生き方の勧め

関連プレゼンテーション

  1. 秋本可愛:リーダーシップをひとりひとりに。 介護の未来を変えていく若者たちの挑戦

    秋本可愛:リーダーシップをひとりひとりに。 介護の未来を変えていく若者たちの挑戦

  2. 坪谷透:「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

    坪谷透:「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

  3. 荻阪哲雄:日本の組織で起こる「10のビジョン問題」

    荻阪哲雄:日本の組織で起こる「10のビジョン問題」

  4. 佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

    佐々木淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

  5. 村田幸生:「外科医として在宅に携わる」

    村田幸生:「外科医として在宅に携わる」

  6. 八木大志:外出時にトイレで困らないまちに向けて

    八木大志:外出時にトイレで困らないまちに向けて