志田清美:足から健康!~足ビリテーションのすすめ~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

足から健康!~足ビリテーションのすすめ~

山形県、西村山郡にて在宅療養患者の訪問リハビリ活動を行っています。力を入れているのは「足ビリテーション」。足から健康になるリハビリテーションを展開しています。在宅療養者や高齢者の足は巻き爪や肥厚などの爪変形や皮膚・血管系などのトラブルが多く見られます。介護、医師、看護、リハビリ、薬剤師、栄養士などが協力し、協働することで、切断などのリスクを軽減し、更には介護度を軽くする取り組みを行っています。『立ちましょう』『歩きましょう』とリハビリではよく言いますが、その前に、『立てる足』『歩ける足』をしているのか?立ち方、歩き方などの動作面での問題の分析や身体機能評価の他、靴、環境、衛生、家族環境、経済状況、活動など多角的に捉え、『足』について指導や啓蒙活動を行っています。「足元から介護予防」チームワークで地域の活性を図っています。

志田清美

ライフデザインワークス

足から健康!~足ビリテーションのすすめ~

関連プレゼンテーション

  1. MED Japan 2018 特別講演 生命論パラダイムの時代 − 21世紀、人類の文明は、どこに向かうか − 田坂広志 多摩大学大学院 教授 田坂塾 塾長 シンクタンク・ソフィアバンク 代表 世界賢人会議The Club of Budapest日本代表

    田坂広志

  2. 二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて

    二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて

  3. 清水 愛子:プレイフルケアのある社会 ~笑った分だけ強くなる『くちビルディング選手権』の挑戦

    清水 愛子:プレイフルケアのある社会 ~笑った分だけ強くなる『くちビルディング選手権』の挑戦

  4. 佐藤隆裕:「家で看取ること」

    佐藤隆裕:「家で看取ること」

  5. 岩本ゆり:意思決定支援~納得して決めるために~

    岩本ゆり:意思決定支援~納得して決めるために~

  6. 前田信吾:死から考える…「告知」は誰の為?

    前田信吾:死から考える…「告知」は誰の為?