佐藤隆裕:「家で看取ること」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「家で看取ること」

人生を四季に例えるなら、死に至る病を患う人は、秋から冬へ向かうところ 。 冬を迎える準備。秋をどう過ごすか?秋をどう過ごしたいのか? 死に至る病を患う、苦しさ、悲しさ、寂しさ。それらを癒そうとすることで、それを学ぶ。 在宅緩和ケアを先進的に実践している佐藤先生の「家で看取ること」とは?

佐藤隆裕

医療法人社団爽秋会 岡部医院 院長

「家で看取ること」

関連プレゼンテーション

  1. 谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

    谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

  2. 塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

    塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

  3. 西田博:ともにもっと医学を学び"看護の殻"を破ることが"全人的"医療の基本だ

    西田博:ともにもっと医学を学び”看護の殻”を破ることが”全人的”医療の基本だ

  4. 浅比浩史:「シニアの就労支援事業について」

    浅比浩史:「シニアの就労支援事業について」

  5. 二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて

    二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて

  6. 中山 俊:医師同士がつながり、医療を支える

    中山 俊:医師同士がつながり、医療を支える