岡田克之:赤城の麓で、言魂を放つ 〜「MEDプレゼン@ぐんま」への想い〜

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

赤城の麓で、言魂を放つ 〜「MEDプレゼン@ぐんま」への想い〜

私は、皮膚科医です。でもね、それだけじゃない、ウズウズする気持ちがありまして。「常識は置いてから、来い!」2013年のMEDプレゼンに痺れ、そして2015年、あの赤い丸絨毯に乗りました。なんという快感、それは伝えたい欲望が満たされたからでしょうか。  次は地元でMEDプレゼンを!できるのか?いける!赤城の麓で言魂を放ってもらおう。2017年5月21日、その日はアッという間に過ぎました。自薦プレゼンターを経験した同郷3人「チーム前橋」で取り組み、多くの仲間に助けられて。  何かを極めようとしている人が好きなのです。私など何もやれていませんが、でも良くしたい、この街を、社会を、日本を。医療に無関係なことなんてない。インスパイアされたプレゼンを多くの人に聴かせたい、それが私のできることでした。  人と向きあえ!溢るる情熱を言魂に。群馬でのキーメッセージです。絵本の読み聞かせと同じく、感想は尋ねません。きっと皆さんの人生に影響したと信じて、さあまた来年!

岡田克之

桐生厚生総合病院

赤城の麓で、言魂を放つ 〜「MEDプレゼン@ぐんま」への想い〜

関連プレゼンテーション

  1. 谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

    谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

  2. 岡山慶子:ピンクリボン活動、認知率95%の秘密~社会の課題を企業活動を通して解決~

    岡山慶子:ピンクリボン活動、認知率95%の秘密~社会の課題を企業活動を通して解決~

  3. 近藤 篤:人生の最後まで自分らしく

    近藤 篤:あなたが教えてくれたもの~ 命の儚さと希望 ~

  4. 村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?

    村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?

  5. 岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~

    岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~

  6. 丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

    丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」