秋山和宏:栄養が幸せの力になる

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

栄養が幸せの力になる

私は外科医の傍ら、社会起業家として活動してきました。超高齢社会となった日本は課題先進国であり、多くの問題を抱えています。その解決には従来の原因分析型の方法論は通用しないと感じています。問題が循環構造化し、複雑化しているからです。社会起業家たちは違う手段で現実と格闘しています。現実を生態系として捉え、要所への働きかけを積み上げていくやり方です。そこにはバタフライ効果などの複雑系の知見が活かされていると思います。私は今、日本静脈経腸栄養学会・理事長の東口高志氏(藤田保健衛生大学医学部教授)が提唱されているWAVESに注目しています。「栄養が幸せの力になる」と氏は主張します。私も超高齢社会の要所は「栄養」にあると直感しています。より良き社会実現の一助となることを信じて活動しています。

秋山和宏

チーム医療フォーラム

栄養が幸せの力になる

関連プレゼンテーション

  1. 中嶋涼子

    中嶋涼子:一歩踏み出す勇気

  2. 佐々木淳

    佐々木淳:高齢社会を豊かな未来に 人生をより良く生き切るために必要なものは何か?

  3. 橋本 薫: 第2回前橋市長賞受賞者プレゼン

  4. 日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

    日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

  5. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  6. 鎌田 實:地域で命を支える ~健康・地域包括ケア・絆を考える~

    鎌田 實:地域で命を支える ~健康・地域包括ケア・絆を考える~