浦田克美:おむつの未来を変える! B u s i n e s s M o d e l G e n e r a t i o n

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

おむつの未来を変える! B u s i n e s s M o d e l G e n e r a t i o n

加齢に伴い低下した機能を補うためのアイテムとして、「老眼鏡」「杖」「義歯」などがあります。しかし、それらよりも強い抵抗感が「おむつ」にはあります。現在、大人用紙おむつの生産量が乳幼児用紙おむつの生産量を超える時代へと変化しつつあります。ニーズが高くなっている割にはU n h a p p y のイメージが強い、その理由とは? 「おむつ」事体が人をU n h a p p y にさせるのでしょうか? 『おむつが必要な時に恥ずかしい思いをさせない』 『おむつが必要な人をH a p p y にするためにできること』をB u s i n e s s M o d e l G e n e r a -t i o n に当てはめて考え、その先に見えてきたものとは・・・。

浦田克美

東葛クリニック病院

おむつの未来を変える! B u s i n e s s M o d e l G e n e r a t i o n

関連プレゼンテーション

  1. 細谷和美:「認知症になってもハッピーに暮らせる街に」

    細谷和美:「認知症になってもハッピーに暮らせる街に」

  2. 佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた

    佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた

  3. 丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

    丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

  4. 大場 大:思考停止からの脱却を目指して。がん専門医としての新たな取り組み

    大場 大:思考停止からの脱却を目指して。がん専門医としての新たな取り組み

  5. 岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~

    岸郁恵:地域で生きる専門職を創る ~様々なつながりを作りながら~

  6. 小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

    小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…