原田恒弘:77年目の遺言

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

77年目の遺言

真夏の厚い雲に覆われた前橋上空。B-29爆撃機92機は一斉に弾倉を開いた。爆撃手は慎重に照準器を覗きながら投下レバーを倒した。
 爆弾はスルスルと滑るように市街地へ吸い込まれていった。爆撃手の任務は終った。人がどこで、何人死のうが関係ない。ただ与えられた任務を遂行しているだけだ。
 雲の下には多くの前橋市民がいた。恐怖におののきながら、じっと息をひそめ、死に神を追い払うよう神仏に祈った。
 恐怖は現実へと変った。家々は焼き払われ、四散した肉体はコピーしたように壁にへばり付いた。
 77年前の8月5日、人が焼かれ、骨が砕け散る地獄の惨状。

 平和主義者のあなたへ。
  平和って、いったい何ですか。

原田 恒弘 Tsunehiro HARADA

元あたご歴史資料館学芸員

2022 77年目の遺言

関連プレゼンテーション

  1. 宿原寿美子:~Hand in Hand~ 死化粧師の立場から想う事。

    宿原寿美子:~Hand in Hand~ 死化粧師の立場から想う事。

  2. 中山康子:「病があっても自分らしく生きること地域で支える」

    中山康子:「病があっても自分らしく生きること地域で支える」

  3. 秋山和宏:栄養が幸せの力になる

    秋山和宏:栄養が幸せの力になる

  4. 佐々木隆徳:突破力のある組織づくり ~ゼロから創り上げた救急部門~

    佐々木隆徳:突破力のある組織づくり ~ゼロから創り上げた救急部門~

  5. 小椋純子:日本人の足の未来を考える

    小椋純子:日本人の足の未来を考える

  6. 村田幸生:「外科医として在宅に携わる」

    村田幸生:「外科医として在宅に携わる」