佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

自分の病気との附き合いかた

自分の病気との付き合い方 1)入院に至る経緯:昨年2月ころ、かかりつけ医からレントゲンを撮ると肺に曇りが入ると言われ、由利組合病院呼吸器内科にて検査、誤嚥性肺炎ということで即入院となる。2)入院中の経過:入院の3日後、言語聴覚士より食前に行うお口の体操の指導あり、最初の食事は小さなゼリー1食1個でした。その後、刻み食という、おかゆにおかずは魚、野菜すべてミキサーにかけて調理したものを食する。3週間で退院す。平成29年2月に入院、退院、また発熱、再度入院となる。3月で主治医が定年退職なので、後任の医師の紹介あり。 3)主治医の変更による変化:新しい主治医が病室に来ての開口一番「まだやることがあるはずだ」でした。食前、食後の歯磨き、まず虫歯の治療、丁寧な口腔ケア、先生の教えを守りました。食事が美味しく、体重が増えた。 4)退院後の生活:毎日午前2時間、午後3時間、屋外での趣味を楽しむ。

佐々木喜一郎

一般市民

自分の病気との附き合いかた

関連プレゼンテーション

  1. 植木亜弓:「すべての命は音楽の調和とともに」

    植木亜弓:「すべての命は音楽の調和とともに」

  2. 町  亞聖

    町  亞聖:「個」の声に耳を傾けて ~誰もが当事者の with コロナ時代~

  3. 岩元美智彦:ごみを燃料に動く

    岩元美智彦:ごみを燃料に動く

  4. MED Japan 2018 特別講演 生命論パラダイムの時代 − 21世紀、人類の文明は、どこに向かうか − 田坂広志 多摩大学大学院 教授 田坂塾 塾長 シンクタンク・ソフィアバンク 代表 世界賢人会議The Club of Budapest日本代表

    田坂広志

  5. 五島朋幸:最期まで口から食べられる国、日本

    最期まで口から食べられる国、日本

  6. 佐藤真琴 地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性 株式会社PEER 経営者

    佐藤真琴:地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性