田上恵太:杜の都で終う人生のストーリー ~多死時代に向けた地域への挑戦~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

杜の都で終う人生のストーリー ~多死時代に向けた地域への挑戦~

緩和ケアは、がんと闘う人を支える医療であると共に、生きてきた道や物語を大切にしながら最期までその方らしく生きるために助けでありたいという想いにあふれています。みなさんは緩和ケアにどのようなイメージを持っているでしょうか。おしまい、苦しい、絶望、避けるべき・・・・たくさんの患者さんの想いを聞いて来ました。しかし緩和ケアを受けたいと希望したものの、多くの患者さんが緩和ケアにたどり着くことが出来ずに旅立たれていることを知っています。

今、仙台っ子の僕は一人でも多くの患者さんに緩和ケアを届けることを目標に努力しています。そしてがんになっても安心して生き、杜の都で穏やかに人生を終うには今どのような準備が必要なのかをお伝えしたい、自分そして他人、みんなの問題です。

田上恵太 TAGAMI KEITA

東北大学大学院 医学系研究科 緩和医療学分野 医師

杜の都で終う人生のストーリー ~多死時代に向けた地域への挑戦~

関連プレゼンテーション

  1. 小尾 勝吉:生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

    小尾 勝吉:生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

  2. 飯塚宏明:ホワイトニングで日本人の健康寿命を2歳上げよう

    飯塚宏明:ホワイトニングで日本人の健康寿命を2歳上げよう

  3. 秋山 和宏

    秋山 和宏:影響力の研究―いのちの場から社会を良くする

  4. 小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

    小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

  5. 浅川澄一:「地域包括ケア」と矛盾する「医療フリーアクセス」

    浅川澄一:「地域包括ケア」と矛盾する「医療フリーアクセス」

  6. 髙橋則行:わたしの心は届いていますか? 〜『話想』で作るコミュニケーション〜

    髙橋則行:わたしの心は届いていますか? 〜『話想』で作るコミュニケーション〜