安藤秀明:秋田で幸せに過ごすために

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

秋田で幸せに過ごすために

最近の秋田県に対するイメージは、がん死亡率や自殺が多い、高齢化少子化に伴う人口減少で消滅してしまう!など負のイメージではないでしょうか。しかし、暮らしている皆さんは不幸でしょうか?勿論、多くの時間を過ごせることは良いことですが、時間の質がもっと大切では無いでしょうか。良い時間を暮らす、すなわち「幸福」は秋田に沢山あります。豊かな自然、安全な生活(刑法犯罪発生件数最小、検挙率日本一)、豊かな食生活(食糧自給率、北海道に次いで2位)、70歳以上就労可能企業日本一であることをご存じでしょうか。「幸福」は各自の価値観によって異なりますが、秋田県の社会資源は豊富です。これに加えて、「幸福」のために必要なものは、これまでの生活を続けるための『健康(医療・介護・福祉)の保証』と『ひととのつながり』だと思います。これをどうやって秋田で創造してゆくか提案します。

安藤秀明 ANDO HIDEAKI

秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻 臨床看護学講座教授

秋田で幸せに過ごすために

関連プレゼンテーション

  1. 高橋 正:ホスピス住宅は在宅の可能性を無限大にする!

    高橋 正:ホスピス住宅は在宅の可能性を無限大にする!

  2. 大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり

    大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり

  3. 横山雄士:悔いを残す最期にするな

    横山雄士:悔いを残す最期にするな

  4. 小澤いぶき:未来の豊かさを創っていくための社会処方箋

    小澤いぶき:未来の豊かさを創っていくための社会処方箋

  5. 三浦正悦:生きてて良かった! ~ひとりひとりのドラマを創るコミュニティケア~

    三浦正悦:生きてて良かった! ~ひとりひとりのドラマを創るコミュニティケア~

  6. 宮崎詩子:幸福感のある療養支援社会を作る

    宮崎詩子:幸福感のある療養支援社会を作る