遠山玄秀:僧侶が医療に貢献できること

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

僧侶が医療に貢献できること

昨年、「宗教者もチーム医療の一員に入れて下さい!」と発言させていただきました、僧侶の遠山玄秀です。昨年の懇親会で、秋山先生から「来年は是非、あちらで」と言われましたが、そんなことはもちろん、冗談だと思っていたのですが。。そんな私が今年は、プレゼンテーターとして登壇させていただきます。「宗教者が医療にできること。」 チーム医療に入れて下さい! とほぼ勢いだけで言ってしまった昨年。それから、宗教者は本当に必要なのか否か? 必要なら何が出来るのか? そんなことを頭に置きながら色々と活動して参りました。そんな1年の集大成。普段とは全く違う視点、宗教者のプレゼン、色々な意味で楽しんでいっていただけたらと思います。どうぞ、お手柔らかにお願いいたします(笑)。

遠山玄秀

上行寺副住職

僧侶が医療に貢献できること

関連プレゼンテーション

  1. 西村元一:〝フリ〟からフリー(Free)になる、医療でありたい。~「良い患者のフリ」をする患者と「わかっているフリ」をする医療者~

    西村元一:〝フリ〟からフリー(Free)になる、医療でありたい。~「良い患者のフリ」をする患者と「わかっているフリ」をする医療者~

  2. 谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

    谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

  3. 薩日内裕章:「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

    薩日内裕章:「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

  4. 清水広久:「僕らは、ただ出逢い・話し・聴き・感じ・創る」~ありえないつながりが導く未来~

    清水広久:「僕らは、ただ出逢い・話し・聴き・感じ・創る」~ありえないつながりが導く未来~

  5. 五島朋幸:最期まで口から食べられる国、日本

    最期まで口から食べられる国、日本

  6. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」