塩崎良子:Say Yes To Life

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

Say Yes To Life

私は2年前、若年性のガンを宣告されました。
カラフルだったはずの私の人生が、その日から、白黒になりました。
辛い治療で毛が抜け、胸を失い、仕事を失い・・・そして”自分らしさ”を失い
『がん患者』という枠の中に迷い込み、毎日、死への恐怖と戦っていました。
しかし、ある時『毎日を人生最後の日のように生きる』という言葉に出会います。
命に限りがあると実感したからこそ、今この瞬間を輝いて生きられる。そう思いました。
自分の運命を少しずつ受け入れてみると私は『がん患者』という『枠』から少し飛び出せました。
すると、人生のもつ喜びや感動が、より鮮明になり、疾患前よりも、本当の自分らしさを手に入れました。
私たちは、あらゆる『枠』のなかで生きています。 『年齢』『肩書き』『容姿』『人種』・・・・・
時として、その『枠』が、自分らしく生きることの妨げになっているかもしれません。
人生の全ての出来事に勇気をもって「YES」で答えてみる。今ある『枠』から少し飛び出してみる。
世界中の逆境を抱える人たちが、何かの『枠』にとらわれることなく、与えられた環境でその人らしく輝けるように!
そんなメッセージが世界中に広がるビジネスを展開しようと7月に会社を立ち上げました。

塩崎良子

株式会社TOKIMEKU JAPAN 代表取締役社長

千葉県生まれ。
2006年 アパレル会社を起業。セレクトショップ(中目黒)リース専門店(目黒)ドレスレンタルショップ(六本木)等、数々のショップを経営。
・2014年1月 若年性乳がんを発症。その後、闘病に専念のため、会社を閉める。
・2015年6月主治医の提案で、がん患者の為のサイバーズFASHION SHOWを企画、運営。多くのメディアに取り上げられる。
・2016年2月 社会起業家を輩出するビジネスコンテストソーシャルビジネスグランプリ2016年でグランプリと共感大賞をW受賞。
※レポート http://socialvalue.jp/final/2016_report/
※動画 https://www.youtube.com/watch?v=qyXVcvkiUsg

その後、審査員でもあった元DeNA会長の春田真氏率いる 株式会社ベータカタリストの支援をうけ
・2016年7月、株式会社TOKIMEKU JAPAN設立
・2016年9月 40日間のクラウドファンディングで320万円売り上げる。
・2017年1月 ケア・介護用品ブランド『KISS MY LIFE』を立ち上げる。

「株式会社TOKIMEKU JAPAN」 https://www.tokimeku-japan.com/
「KISS MY LIFE」 http://www.kissmylife.jp
「Facebook」https://www.facebook.com/tokimekujapan/

Say Yes To Life

社会の中での自分の在り方について考えている方がとっても多いと思うので、是非この私のプレゼンを聞いていただいて何かアドバイスとか何か一緒にやれるかもっていう人がいたらぜひお声かけいただけたらなというふうに思います。
今日はよろしくお願いします。
私は子供の頃からおしゃれなことが大好きな子供でした。

関連プレゼンテーション

  1. 北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

    北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

  2. 中村悦子:能登から発信できること

    中村悦子:能登から発信できること

  3. 須藤健司:言霊が仙台の医療・介護を変える

    須藤健司:言霊が仙台の医療・介護を変える

  4. 釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい

    釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい

  5. 小山珠美:すべての人に口から食べる幸せを!

    小山珠美:すべての人に口から食べる幸せを!

  6. 高橋万太郎:伝統産業がもっと魅力的になるためには

    高橋万太郎:伝統産業がもっと魅力的になるためには