塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

私たちの会社は、患者さん、医療者、ケアギバー、高齢者の方たちへ、ちょっとしたトキメクような時間をお届けする会社です。例えば、患者さんが使うケア用品や介護用品。病人らしくより、自分らしくいられる、もっとお洒落なケア介護用品があってもいいと思いませんか? 例えば病院の中に、暗い気持ちをちょっと楽しくする空間があってもいいと思いませんか?

病気になる、事故にあう、災害にあう… 人生は時に、不条理で不平等なものです。突然の不幸は、自分らしく生きることを困難なものにしてしまいます。人生における小さな『トキメキ』を積み重ねること。例え命の期限が決まっていたとしても、最後まで『自分らしく』生きること。私たちはそれが『幸せに生きること』だと提案します。私たちは “センスと感性”、そして “本気の想い” を武器に、医療、介護の世界に新しい彩をスパイスします!

塩崎良子 Shiozaki Ryoko

TOKIMEKU JAPAN 代表取締役社長

人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

関連プレゼンテーション

  1. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  2. 坪谷透:「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

    坪谷透:「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

  3. 渡部勝:伴に あゆむ

    渡部勝:伴に あゆむ

  4. 山崎英樹:「ごく私的認知症医療史」

  5. 平栗潤一

    平栗潤一:「夢は介護職」人と育み未来につながる魅力ある社会を創る

  6. 二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて

    二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて