廣瀬 翔:イチから本荘を考える

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

イチから本荘を考える

「あんなに賑やかだったのは初めて、たくさん元気をもらいました。ありがとう」。私が本荘駅前市場を多くの人に知ってもらいたいと思うきっかけになった言葉です。これは第1回ほんじょう日曜昼市を開催した後日に、本荘駅前市場の出店者の方が私に言ってくれた言葉です。ほんじょう日曜昼市とは、本荘駅前市場協力のもとで私たち秋田学生まちづくり団体と多くの関係者が協力して開く1日限りの市場です。朝市出店者に加え、秋田県内のお店も出店します。さらに昼市限定イベント、糖尿病や脱水についての啓発活動も行なっています。私は2回目昼市の代表を経験し,協力することの大切さを学びました。そして由利本荘市を盛り上げたいという思いを持った方々がたくさんいることを身をもって感じました。そんな人たちがいる限り,今後も昼市は続いていき,さらに本荘駅前市場が賑わい、羽後本荘駅前が賑わい、由利本荘市の賑わいにつながっていくと信じています。

廣瀬 翔 HIROSE SHO

秋田県立大学まちづくり団体

イチから本荘を考える

関連プレゼンテーション

  1. 武蔵国弘:医者は病院の外に出よ!

    武蔵国弘:医者は病院の外に出よ!

  2. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  3. 佐々木隆徳:「診れないとは言わない医者を増やす」

    佐々木隆徳:「診れないとは言わない医者を増やす」

  4. 八代美千子:住み慣れた地域で生ききる

    八代美千子:住み慣れた地域で生ききる

  5. 岩瀬浩介:スポーツの持つ力~僕らが描く未来のスタジアムは健康発信型~

    岩瀬浩介:スポーツの持つ力~僕らが描く未来のスタジアムは健康発信型~

  6. 清水 愛子:プレイフルケアのある社会 ~笑った分だけ強くなる『くちビルディング選手権』の挑戦

    清水 愛子:プレイフルケアのある社会 ~笑った分だけ強くなる『くちビルディング選手権』の挑戦