吉田貞夫:なぜに栄養? 高齢者を護る栄養ケアの重要性

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

なぜに栄養? 高齢者を護る栄養ケアの重要性

日本は超高齢社会を迎えました。高齢者は、いったん状態が悪化すると、もとの状態に回復するのが困難なことも少なくありません。私たちはこれまで、『回復させるためのケア』を中心に行ってきたのかもしれませんが、これからは状態を悪化させないために『護るケア』を心がける必要があると思います。栄養ケアにおいても、まさにそのことが重要です。1kg減った体重、2cm細くなったふくらはぎをもとに戻すことが、どれだけ大変なことか、医療・介護に携わる誰もが経験していることに違いありません。高齢者ひとりひとりに、残された人生をいきいきと生きてもらうために必要なもの、それが、低栄養とそれを取り巻く病態への正しい理解、適切な栄養アセスメント、栄養ケアの早期の介入なのです。当日は、全国各地でのライブ活動で培った「笑い」とともに、栄養の持つ大きなチカラについて、熱く語りたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

吉田貞夫

沖縄リハビリテーションセンター病院

なぜに栄養? 高齢者を護る栄養ケアの重要性

関連プレゼンテーション

  1. 佐藤秀樹:障がいがあっても自分らしく生きる~最善の選択を支援する ケアマネのサポート~

    佐藤秀樹:障がいがあっても自分らしく生きる~最善の選択を支援する ケアマネのサポート~

  2. 佐々木隆徳:「診れないとは言わない医者を増やす」

    佐々木隆徳:「診れないとは言わない医者を増やす」

  3. 大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり

    大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり

  4. 秋山 和宏

    秋山 和宏:影響力の研究―いのちの場から社会を良くする

  5. 小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

    小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

  6. 糟谷明範:住民と医療介護の懸け橋になる

    糟谷明範:住民と医療介護の懸け橋になる