大浦敬子:どこでもいつでもおとなの学校 〜要介護高齢者だって学びたい〜

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

どこでもいつでもおとなの学校 〜要介護高齢者だって学びたい〜

おとなの学校は、介護施設から始まりました。 たとえ要介護になっても学ぶ場所です。 朝から夕方まで、朝礼に始まり、1日授業が続きます。 介護は授業の間の休み時間にやるのです。 デイサービスでは、給食の準備もみんなでやります。 時節には、成果発表会を行い、それまでの通知表を渡します。 もちろん、「全甲(オール5)」の通知表を。 「おとなの学校」という仕掛けは沢山の高齢者を元気にしました。 そこで、これを全国に広げるべく、 「おとなの学校」のノウハウがぎゅっと詰まった高齢者向けテキスト 「おとなの学校メソッド」を作り、平成15年4月から販売。 平成17年7月現在、全国260施設、発行部数6000千冊弱となりました。 私は医師で、医療法人の経営を親から引きつぎ、 地元熊本で介護ビジネスの会社を作り、 社会福祉法人を作って運営してきましたが、 この「おとなの学校メソッド」を広げることで 新しいビジネスの海に航海し始めることが出来ました。 これからは、日本中の高齢者に元気と笑顔をお届けするこの仕事を 大きく成長させる所存です。

大浦敬子

おとなの学校

どこでもいつでもおとなの学校 〜要介護高齢者だって学びたい〜

関連プレゼンテーション

  1. 五島朋幸:最期まで口から食べられる国、日本

    最期まで口から食べられる国、日本

  2. 丸山道生:愛する人を生かしたければ胃瘻を造りなさい

    丸山道生:愛する人を生かしたければ胃瘻を造りなさい

  3. 志村しのぶ:子どもを信じる勇気 〜その子は絶対に大丈夫〜

    志村しのぶ:子どもを信じる勇気 〜その子は絶対に大丈夫〜

  4. 佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

    佐々木淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

  5. 山口育子:インフォームド・コンセントの成熟

    山口育子:インフォームド・コンセントの成熟

  6. 秋山和宏:「参加する医療で社会を良くする」

    秋山和宏:「参加する医療で社会を良くする」