渡邉 俊:上毛かるた制作75周年に声を大にして言いたいこと〜人間はバカだから、いつかまた同じ過ちを犯す〜

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

上毛かるた制作75周年に声を大にして言いたいこと〜人間はバカだから、いつかまた同じ過ちを犯す〜

1947 年12 月、上毛かるたの初版が発行されました。その翌年には前橋で第1 回競技県大会が開催されて多くの県民に浸透していき、目的であった県民の郷土愛の醸成に見事に貢献してきました。
今年2022 年は発行75 周年。しかし今では多くの娯楽が存在し、また親も子供も忙しくなり、上毛かるたには幾分古いイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。
でも考えて欲しいのは、上毛かるたが制作されたのは終戦からわずか2 年後のこと。このかるたには、約300 万人の日本人が犠牲となった戦争の酷さ、悲惨さがあちらこちらに表現されています。
『人間はバカだから、放っておいたらいつか絶対に戦争をする。だって今までの歴史がそうだから。お前ら、そうならないようにちゃんと歴史の勉強しろよ。』
私の中学校時代の先生が言った言葉です。同じ過ちを繰り返さない為、是非上毛かるたを通じて一度戦争を、いのちの大切さを考えてみませんか。

渡邉 俊 Shun WATANABE

一般社団法人KING OF JMK代表理事/マーケティングリサーチコンサルティングLactivator代表

上毛かるた制作75周年に声を大にして言いたいこと〜人間はバカだから、いつかまた同じ過ちを犯す〜

関連プレゼンテーション

  1. 長谷川良子:点から立体に ~行政の役割~

    長谷川良子:点から立体に ~行政の役割~

  2. 森田満美子:ぢゃいこの4次元ポケット

    森田満美子:ぢゃいこの4次元ポケット

  3. 北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

    北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

  4. 酒向正春:超高齢化社会における日本の役割

    酒向正春:超高齢化社会における日本の役割

  5. 遠山玄秀:僧侶が医療に貢献できること

    遠山玄秀:僧侶が医療に貢献できること

  6. 佐々木 直:地域在宅医療を支える訪問看護ステーションを目指して

    佐々木 直:地域在宅医療を支える訪問看護ステーションを目指して