小野友美:在宅にこそ専門的皮膚・排泄ケアを ―訪問WOCナースとしての取り組み―

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

在宅にこそ専門的皮膚・排泄ケアを ―訪問WOCナースとしての取り組み―

訪問看護師として在宅看護に携わり9年目になります。

当時、初めて訪問した利用者様は、数年前より褥瘡があり治癒する兆しもなく毎日同じ処置をしていました。ある日、その利用者様が「死ぬ時には傷がないきれいな体になりたい」と話したその一言に胸を打たれ、「褥瘡の専門的知識と看護技術を学び、治してあげたい」との思いで、皮膚・排泄ケア認定看護師(以下WOCナース)の資格を取得しました。

在宅療養者の70%以上が褥瘡をはじめ、真菌症、おむつかぶれなどのスキントラブルを抱えているといわれています。高齢者だから、おむつをしているから仕方ないではなく、住み慣れた自宅での生活を望む在宅療養者にこそ、そのような悩みや不安、苦痛なく健やかに過ごしていただきたいという思いで、訪問WOCナースとして支援をしています。

今回は、その取り組みについてご紹介したいと思います。

小野友美 ONO TOMOMI

セントケア訪問看護ステーション仙台 看護師

在宅にこそ専門的皮膚・排泄ケアを ―訪問WOCナースとしての取り組み―

関連プレゼンテーション

  1. 萬田 緑平:最期まで目一杯生きる

    萬田 緑平:最期まで目一杯生きる

  2. 小澤いぶき:未来の豊かさを創っていくための社会処方箋

    小澤いぶき:未来の豊かさを創っていくための社会処方箋

  3. 鈴木 宏和:自費リハビリという選択肢

    鈴木 宏和:自費リハビリという選択肢

  4. 北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

    北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

  5. 永井康徳:最期まで自分らしく生きる

    永井康徳:最期まで自分らしく生きる

  6. 野伏龍寛:「生活の質の向上に貢献し明るい空間を創造する!」

    野伏龍寛:「生活の質の向上に貢献し明るい空間を創造する!」