橋本 薫:「めぶく街と生きる。」ー前橋モデルの街づくりー

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「めぶく街と生きる。」ー前橋モデルの街づくりー

災害リスク回避の観点やコロナ禍により都市一極集中から地方移転が加速し人口減少を抱える地方では選ばれる街を創ることが急務である。スタートアップのように挑戦を続ける街と形容される前橋市は時代を読み、社会から選ばれる街づくりを進めている。それはまさに経営思考の街づくりである。前橋モデルは企業経営と同じく最初に「ビジョン」を策定した。民間主体でまとめたその「目指すべき姿」を市のビジョンとして行政が据えた事が最大の特徴だ。
観光地でもなく出張先でもないこの街が「めぶく。」と宣言して6年、地元有力者の社会貢献意識が増し、起業家や投資的思考も増えている。都内に本社を構える世界的企業が前橋移転を決めたきっかけはビジョンの引力に他ならない。
未来への不確実性を抱える現代、地方創生に不可欠なことは何か?前橋モデルの答えは「ゆるぎないビジョンを持ち共有すること」である。めぶく街でWell-beingに生きること、一緒に考えましょう。

橋本 薫 Kaoru HASHIMOTO

前橋まちなかエージェンシー代表理事/前橋工科大総合デザイン工学科非常勤講師/前橋中央通り商店街振興組合理事

めぶく街と生きる。」ー前橋モデルの街づくりー

関連プレゼンテーション

  1. 清水広久:チーム医療と信念対立 ~ 真のチーム医療構築を目指して~

    清水広久:チーム医療と信念対立 ~ 真のチーム医療構築を目指して~

  2. 河瀬聡一朗:「介護が苦手な男性がアップアップの状態に~多職種と「男の介護教室」を開催~」

  3. 鎌田 剛:社会連携 ― 医療連携,多職種連携のその先

    鎌田 剛:社会連携 ― 医療連携,多職種連携のその先

  4. 飯塚 宏明:穴があったら掘って埋めるのは歯科医の仕事じゃない

    飯塚 宏明:穴があったら掘って埋めるのは歯科医の仕事じゃない

  5. 加藤 さやか

    加藤 さやか:一年前の誕生日プレゼントは「光のない世界」でした

  6. 白石弘美:宮城発(初) 富山型デイサービスの実践から

    白石弘美:宮城発(初) 富山型デイサービスの実践から