高橋悦堂:宗教者の臨床~生死をこえて、ともに~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

宗教者の臨床~生死をこえて、ともに~

「避けることの出来ない死の現実と向き合い苦しむ人がいる。そこに、何故、宗教者が出てこない!」宮城県名取市にある在宅緩和ケア診療所岡部医院。その創設者、故岡部健医師はそう語りました。患者と家族が織りなす看取りの場に数多く立ち合い、東日本大震災に打ちのめされ、自分自身の死と向き合うなかで、岡部医師が出した答えが“臨床宗教師”。医療や介護、行政などとチームを組みケアに関わる宗教者です。 もし地域包括ケアに関わる者が、その地域の持つ力を活用していくことを考えるならば、そこある宗教性にも目を向けるべきでしょう。寺社仏閣、仏壇神棚、お墓参り、伝統の祭り、山や海の自然など、我々はそこに目には見えない存在や力、想いを感じ、喜びや悲しみ、苦しみを分かち合ってきたはずです。もう一度それを観じ、自他の生死を、命を感じましょう。地域の宗教者や臨床宗教師ともに。

高橋悦堂

普門寺副住職

宗教者の臨床~生死をこえて、ともに~

関連プレゼンテーション

  1. 長谷川尚哉:IBMってなに?鍼灸マッサージ師がお手伝いできる多職種連携

    長谷川尚哉:IBMってなに?鍼灸マッサージ師がお手伝いできる多職種連携

  2. 丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

    丹野智文:「当事者から見たスコットランドと日本の認知症の人に対しての関わり方について」

  3. 石原哲郎:認知症をもつ人とともに歩む ~合理的配慮とは

    石原哲郎:認知症をもつ人とともに歩む ~合理的配慮とは

  4. 永瀬哲也:絶望、光、幸福、そして…在宅医療を受けている娘との生活で考えたこと

    永瀬哲也:絶望、光、幸福、そして…在宅医療を受けている娘との生活で考えたこと

  5. 鈴木堅之:「もう一度自分の足で風をきって進む喜びを届けたい あきらめない人の車いす COGY」

    鈴木堅之:「もう一度自分の足で風をきって進む喜びを届けたい あきらめない人の車いす COGY」

  6. 永井弥生:問題に向き合うということ

    永井弥生:問題に向き合うということ