安部啓介:劇場版「チョウオンパ」 〜Season3:This Magic Moment〜

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

劇場版「チョウオンパ」 〜Season3:This Magic Moment〜

超音波画像診断装置は、簡便かつ短時間で非常に多くの情報をリアルタイムに獲得できます。近年、画像処理演算能力が加速的に向上し、わかりやすく便利な診断ツールへと日々進化をし続けています。一方で得られる画像理解の難しさ、超音波探触子の扱いがデリケートであることなどから、依然として「超音波は難しい」というイメージが先行しているのも事実です。これでは、どんなに素晴らしいツールであったとしても、被検者や周囲に伝えられない負のスパイラルに陥ってしまい埋もれてしまう可能性があります。これからの検者側はマジョリティーとして装置の進歩に付和雷同するのではなく、イノベーターとして常に新技術の取り込みと試行・発信をし続けて行かねばならないと強く考えています。超音波ができることとVR(仮想現実)などといった新技術の融合・新結合創造への取り組みを紹介し、驚きと感動の「チョウオンパ」を魅せ、魔法をかけます!

安部啓介 Abe Keisuke

(株)ケーズメディカル 代表取締役/超音波検査士・イノベーター・MOT(技術経営)

劇場版「チョウオンパ」 〜Season3:This Magic Moment〜

関連プレゼンテーション

  1. 認知症を学び認知症の方々と寄り添える若者を増やす活動

    礒干 彩香:認知症を学び認知症の方々と寄り添える若者を増やす活動

  2. 荻阪哲雄:日本の組織で起こる「10のビジョン問題」

    荻阪哲雄:日本の組織で起こる「10のビジョン問題」

  3. 千葉隆政:「We are 介護人材不足 busters!」

    千葉隆政:「We are 介護人材不足 busters!」

  4. 永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

    永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

  5. 山田真也: 医院を"ヒキツグ”ことから始まる医師の新たな働き方

    山田真也: 医院を”ヒキツグ”ことから始まる医師の新たな働き方

  6. 井上博文:「認知症になっても地域で生きるということ~地域ケアのデザインと実践~」

    井上博文:「認知症になっても地域で生きるということ~地域ケアのデザインと実践~」