一瀬浩隆:震災が私に教えてくれたこと

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

震災が私に教えてくれたこと

2011年3月11日、東日本大震災が起こった。日ごとに明らかになる震災の被害に「自分にできることはないだろうか?」という思いが強くなり、被災地で医療ボランティアとして活動した。 活動の中で、気仙沼で必要とされていることは、歯や入れ歯の治療だけでなく、口から食べて飲み込む「摂食嚥下」であることを痛感した。またその活動を通じて、小山珠美看護師と出会い「口から食べる」技術を学んだ。 震災後、気仙沼に移り住み、5年が過ぎようとしている。私はこの気仙沼で「口から食べる」ことに従事し、多くの仲間ができた。震災の傷跡は未だ癒えないが、「口から食べる」ことは人を笑顔にし、生きる希望を与えることを経験した。 超高齢社会の日本において、「口から食べる」ことは、更に必要とされるだろう。 私は歯科医師として「口」から人生を支えることを、これからも続けたい。

一瀬浩隆

山谷歯科医院/気仙沼市立本吉病院

震災が私に教えてくれたこと

関連プレゼンテーション

  1. 横山雄士:悔いを残す最期にするな

    横山雄士:悔いを残す最期にするな

  2. 森田満美子:ぢゃいこの4次元ポケット

    森田満美子:ぢゃいこの4次元ポケット

  3. 田中勇一:自分らしく社会に貢献する生き方働き方

    田中勇一:自分らしく社会に貢献する生き方働き方

  4. 小椋純子:日本人の足の未来を考える

    小椋純子:日本人の足の未来を考える

  5. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

  6. 山崎英樹:「ごく私的認知症医療史」