薩日内裕章:「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

平成14年の夏、私は21歳の時、海岸でサッカーをしていました。誤って首を強打し頚椎を損傷し、四肢麻痺の体になり、人工呼吸器での生活となりました。 今は仙台往診クリニックの先生方や看護師、介護士のみなさんの支えにより自宅で生活をしています。 リハビリの効果もあり、口でパソコン操作や絵を描いたりしています。時には博物館やコンサートに行くこともあります。 できるだけ生活領域を広げるようにしています。 これまでの私の体験をお話しさせて頂きます。 人工呼吸器での発声ですので、お聞き苦しいと思いますが、よろしくお願い致します。

薩日内裕章

ここに所属入る

「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

関連プレゼンテーション

  1. 谷合久憲:由利本荘にかほ最後の地域総力戦!~自分の町の医療・介護・福祉を自分達で守ろう~

    谷合久憲:由利本荘にかほ最後の地域総力戦!~自分の町の医療・介護・福祉を自分達で守ろう~

  2. MED Japan 2018 特別講演 生命論パラダイムの時代 − 21世紀、人類の文明は、どこに向かうか − 田坂広志 多摩大学大学院 教授 田坂塾 塾長 シンクタンク・ソフィアバンク 代表 世界賢人会議The Club of Budapest日本代表

    田坂広志

  3. 今井真理子:「生活期での言語聴覚士の役割 ~歯科往診3年間を紹介~」

    今井真理子:「生活期での言語聴覚士の役割 ~歯科往診3年間を紹介~」

  4. 細田修:在宅医療の普及への挑戦

    細田修:在宅医療の普及への挑戦

  5. 髙橋則行:わたしの心は届いていますか? 〜『話想』で作るコミュニケーション〜

    髙橋則行:わたしの心は届いていますか? 〜『話想』で作るコミュニケーション〜

  6. 佐藤隆裕:「家で看取ること」

    佐藤隆裕:「家で看取ること」