戦術

目の前の現実を変えるための行動計画

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 増川ねてる:リカバリー ~誰でも自分を取り戻せる! 患者の経験から
    • 患者・家族
    • 戦術技術
    • MED JapanMED 2014

    増川ねてる:リカバリー ~誰でも自分を取り戻せる! 患者の経験から

    「医療では、もう限界です。」 30歳を前にした頃、主治医に言われました。何がなんだかわかりませんでした。…自分のその状況…

  2. MED Japan 2018 特別講演 生命論パラダイムの時代 − 21世紀、人類の文明は、どこに向かうか − 田坂広志 多摩大学大学院 教授 田坂塾 塾長 シンクタンク・ソフィアバンク 代表 世界賢人会議The Club of Budapest日本代表
    • 非営利団体
    • 思想ビジョン戦略戦術技術
    • MED JapanMED 2018

    田坂広志

    MED Japan 2018 特別講演生命論パラダイムの時代− 21世紀、人類の文明は、どこに向かうか − 田坂広志多摩大学大学院 教…

    • 医師
    • 戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2016

    山崎英樹:「ごく私的認知症医療史」

    精神科医になりたての頃、医局の給料ではとても食べていけないので、いわゆる老人病院や精神病院で当直のアルバイトをさせて…

    • 歯科医師
    • 戦術技術
    • MED 仙台MED 仙台 2017

    河瀬聡一朗:「介護が苦手な男性がアップアップの状態に~多職種と「男の介護教室…

    地域を見渡すと様々な課題があります。例えば、家事や育児の経験が無く、地域に相談をできる相手もいない男性が孤軍奮闘しな…

  3. 塩崎良子
    • 企業患者・家族
    • 戦術
    • MED JapanMed 2016

    塩崎良子:Say Yes To Life

    私は2年前、若年性のガンを宣告されました。カラフルだったはずの私の人生が、その日から、白黒になりました。辛い治療で毛…

  4. 前田信吾:解剖学・それは愛!…医の共通言語の現状と未来?
    • 医療職歯科医師
    • ビジョン戦術
    • MED JapanMed 2015

    前田信吾:解剖学・それは愛!…医の共通言語の現状と未来?

    「解剖学」といって、皆さんの想像される解剖学は実は過去の物に成ろうとしている。 肉眼(マクロ)解剖学を標榜している研究…

  5. 長谷川 翔:Challenge for Children、Challenge for Athletes アスリートが小児医療に貢献できること
    • 非営利団体市民
    • 戦術技術
    • MED JapanMED 2018

    長谷川 翔:Challenge for Children、Challenge…

    私は大学を卒業し8年間、プロビーチバレー選手として活動をしていました。同時に社会貢献活動に非常に興味を持っていたが「…

  6. 小林悦子:生ききるための「看取り援助」
    • 非営利団体
    • 戦術
    • MED JapanMed 2017

     小林悦子:生ききるための「看取り援助」

    高齢化した日本。 「看取り」という言葉がよく聞かれるようになりました。 しかし、多くの人は「死ぬ間際のこと」と考えてい…

  7. 今井真理子:「生活期での言語聴覚士の役割 ~歯科往診3年間を紹介~」
    • リハビリテーション療法士
    • 戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2017

    今井真理子:「生活期での言語聴覚士の役割 ~歯科往診3年間を紹介~」

    一般歯科の歯科往診に在籍して3年目になりました。生命の維持と尊厳に関わる「食べる楽しみ」を最後まで実現する為に、時に、…

  8. 中村起也:「患者さん、利用者さん、中村さん」
    • 医師
    • ビジョン戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2014

    中村起也:「患者さん、利用者さん、中村さん」

    なぜ、介護と医療で利用者さん、患者さんと違う呼び名なんだろう?同じ人なんだから中村さんでいいじゃないか?その壁を壊した…

  9. 井階友貴:赤ふん坊やが進める”健康のまちづくり”
    • 医師
    • 戦術
    • MED 秋田MED 秋田 2017秋

    井階友貴:赤ふん坊やが進める”健康のまちづくり”

    こんにちはー!!ボク、福井県高浜町のマスコットキャラクター、「赤ふん坊や」です!高浜町は、福井県の一番西のはしにある…

  10. 中西陽一:明るい病院
    • 医師
    • 戦略戦術
    • MED JapanMed 2012

    中西陽一:明るい病院

    昨年も登壇させて頂き、非常に良い経験をさせて頂きました。今年もこの場所に立てることを非常にうれしく思います。皆さんは…

  11. 小池 京子:あなたのために 笑顔でGo!
    • 医療職看護師
    • 思想ビジョン戦術
    • MED ぐんまMED ぐんま 2019

    小池 京子:あなたのために 笑顔でGo!

    私は、20年間内田病院一筋で、看護師のキャリアを築いてきた。とはいえもともと認知症看護が大好きで認知症看護認定看護師に…

  12. 大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり
    • 患者・家族
    • 戦術
    • MED JapanMed 2015

    大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり

    間近に迫った超高齢社会を見据え、国は療養患者の在宅化をさらに推し進める方針を打ち出しています。このことが在宅患者の褥…

  13. 井階友貴:赤ふん坊やが地域医療を再生する!?~住民―行政―医療の協働のためにできること~
    • 医師
    • 戦術
    • MED JapanMED 2014

    井階友貴:赤ふん坊やが地域医療を再生する!?~住民―行政―医療の協働のために…

    内容:Contentsプレゼンター:Presenterテキスト:Transcript 赤ふん坊やが地域医療を再生する!?~住民―行政―医療の協働の…

  14. 大場 大:思考停止からの脱却を目指して。がん専門医としての新たな取り組み
    • 医師
    • 戦略戦術
    • MED JapanMed 2016

    大場 大:思考停止からの脱却を目指して。がん専門医としての新たな取り組み

    「がん」という病気は人生を一変させてしまう深刻な病です。 そして、誰しもが生涯の中で2人に1人の割合で「がん」になるリ…

  15. 梶原真智:おいしさと自信をつくる教室
    • リハビリテーション療法士企業
    • 戦術技術
    • MED JapanMED 2018

    梶原真智:おいしさと自信をつくる教室

    例えハンデキャップがあっても、まずは「知ること」で「美味しい」は必ず作ることができる。自分自身のリ・ハビリテーション…

  16. 日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~
    • 管理栄養士・栄養士医療技師
    • 戦略戦術技術
    • MED ぐんまMED ぐんま 2018

    日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

    研修や講演で周りを見渡すと、中堅以上の専門職が目立つ。若い現場の人間が少ない。なぜだろう。それは、現場により密接に関…

  17. 小川敦史
    • 教育・研究
    • 戦術技術
    • MED 秋田MED 秋田 2017秋

    小川敦史:腎臓病患者のためのカリウム含有量が少ない野菜の栽培方法の開発 ~食…

    腎臓病透析患者をはじめとする慢性腎不全患者はカリウム摂取量が制限されており,カリウム含有量の多い野菜の摂取が制限され…

  18. 熊谷未来:仕事を通じてなりたい自分を実現する!
    • 介護・福祉職市民
    • 戦術
    • MED 秋田MED 秋田 2017秋

    熊谷未来:仕事を通じてなりたい自分を実現する!

    私が介護の世界に飛び込んだのは今から12年前。両親が経営するグループホームに入社したのが始まりでした。それから8年間の現…

  19. 在田 創一:ケアからはじまるまち育て「タコ足ケアシステム」
    • 介護・福祉職非営利団体
    • ビジョン戦術
    • MED ぐんまMED ぐんま 2019

    在田 創一:ケアからはじまるまち育て「タコ足ケアシステム」

    「福祉ってそんな特別なことじゃなく、遊び感覚でやってもいいんじゃねぇ〜の!?」飲み屋は笑いながら言う。「障害者が働く…

  20. 中村悦子:能登から発信できること
    • 看護師
    • 戦術
    • MED JapanMed 2015

    中村悦子:能登から発信できること

    私は能登で生まれて能登で育ちました。 両親が病弱だったため一人っ子の私は中学2年くらいのころから、「いつか独りになって…

  21.  谷川啓司:がんとどう戦えばいいのだろうか?
    • 医師
    • 戦略戦術
    • MED JapanMed 2017

     谷川啓司:がんとどう戦えばいいのだろうか?

    2人に1人はかかる癌。 この病気を多くの人は恐れ、早く治る病気にならないかと期待する。 ただ癌が無くなることはない。 ど…

  22. 谷内田 修:あなたはどう“めぶく”か
    • 自治体・行政職
    • ビジョン戦術
    • MED ぐんまMED ぐんま 2018

    谷内田 修:あなたはどう“めぶく”か

    今、前橋市は混沌の中、新しい価値観、民間連携で全国の注目を浴びている。グリーンドーム前橋に4,000人が集まった前橋ビジョ…

  23. 塩野崎淳子:「40年物のまな板」
    • 管理栄養士・栄養士
    • 戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2014

    塩野崎淳子:「40年物のまな板」

    仙台市でも先駆けの在宅訪問管理栄養士。 4年前ケアマネジャーになって初めて知った。在宅の食支援の必要性。 訪問先で出会っ…

  24. 志田清美:足から健康!~足ビリテーションのすすめ~
    • リハビリテーション療法士
    • 戦術
    • MED 在宅医療

    志田清美:足から健康!~足ビリテーションのすすめ~

    山形県、西村山郡にて在宅療養患者の訪問リハビリ活動を行っています。力を入れているのは「足ビリテーション」。足から健康…

  25. 佐藤真琴 地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性 株式会社PEER 経営者
    • 看護師企業患者・家族
    • 戦略戦術技術
    • MED JapanMED 2018

    佐藤真琴:地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性…

    長い間、病気と健康は切り離されたものでした。しかし、医療の進歩により病気も健康も、繋がりのある人生の中の体験になりま…

  26. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」
    • 介護・福祉職
    • 戦術技術
    • MED 仙台MED 仙台 2017

    小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」

    2014年大阪からスタートした福祉ネイリスト、宮城県では2015年9月から活動が始まりました。 主に、介護施設や福祉施設、医療…

  27. 佐藤隆裕:「家で看取ること」
    • 医師
    • 思想戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2014

    佐藤隆裕:「家で看取ること」

    人生を四季に例えるなら、死に至る病を患う人は、秋から冬へ向かうところ 。 冬を迎える準備。秋をどう過ごすか?秋をどう過…

  28. 森 剛士:自立支援介護が世界を救う 〜志高く 粘り強く 失敗を恐れず〜
    • 医師企業
    • ビジョン戦略戦術
    • MED JapanMED 2018

    森 剛士:自立支援介護が世界を救う 〜志高く 粘り強く 失敗を恐れず〜

    「きつい」「汚い」「給料安い」いわゆる3Kと称される介護業界ですが、それを担う介護保険制度は2000年に発足しました。…

  29. 小磯麻有:「新しいカタチ・指先から笑顔を 『福祉ネイリスト』」
    • 管理栄養士・栄養士
    • 戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2017

    大高美和:「障害のある娘が教えてくれた食べることの支援で一番大切なこと」

    病院管理栄養士として10年、医師や看護師、他職種と共に摂食嚥下食を提供してきた私の娘は、食べることなど様々な障害を持っ…

  30. 長谷部浩司:由利本荘市の移住の取り組みについて
    • 介護・福祉職
    • 戦略戦術
    • MED 秋田MED 秋田 2017秋

    長谷部浩司:由利本荘市の移住の取り組みについて

    由利本荘市では、平成27年4月に「仕事づくり課」を新設し、移住相談業務をスタートしました。「無料職業紹介所」による仕事の…

  31. 高橋瑞保:なんだろう そうなんだ!たのしい!! ~NSTからHSTへ、飛び出せ!管理栄養士~
    • 管理栄養士・栄養士
    • 戦術
    • MED 秋田MED 秋田 2016

    高橋瑞保:なんだろう そうなんだ!たのしい!! ~NSTからHSTへ、飛び出…

    イマドキの病院には「NST」と呼ばれる「栄養サポートチーム」があるのが当たり前の時代になりました。私がNSTに出会っ…

  32. 玉井照枝:「ケアカフェせんだい始めました!」
    • 介護・福祉職
    • 戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2015

    玉井照枝:「ケアカフェせんだい始めました!」

    10年後に迫る2025年問題。事あるごとに言われる多職種連携、地域連携、顔の見える関係づくりは、実際には様々な障壁があると…

  33. 伊藤真知子:たかが口腔内、されど口腔内
    • 歯科衛生士
    • 戦術技術
    • MED JapanMed 2012

    伊藤真知子:たかが口腔内、されど口腔内

    現場が好きで目の前に患者さんがいると黙っていられず駆け寄ってしまう、そんな一介の歯科衛生士がお話しします。訪問口腔ケ…

  34. 平栗潤一
    • 介護・福祉職企業患者・家族
    • 戦略戦術技術
    • MED JapanMED 2018

    平栗潤一:「夢は介護職」人と育み未来につながる魅力ある社会を創る

    『96.9%』。これは高校生を対象とした意識調査で「介護の仕事が社会に必要だと思うか」に必要と答えた数値です。『8.…

  35. 飯塚 宏明:穴があったら掘って埋めるのは歯科医の仕事じゃない
    • 歯科医師
    • 戦術技術
    • MED ぐんまMED ぐんま 2018

    飯塚 宏明:穴があったら掘って埋めるのは歯科医の仕事じゃない

    みなさんが大嫌いな歯医者に行く原因は、虫歯と歯周病だと思っていませんか? それ以外何があるかって? 歯が痛いのに原因が…

  36. 小川順也:強みを活かして主体性を引き出す場作り
    • リハビリテーション療法士企業
    • 戦略戦術技術
    • MED JapanMED 2018

    小川順也:強みを活かして主体性を引き出す場作り

    私は,2011年〜2015年まで国立精神・神経医療研究センター病院で理学療法士として働いていました.この病院はパーキンソン病…

    • 薬剤師
    • 戦略戦術
    • MED 仙台MED 仙台 2016

    北村哲治:「健康づくり地域拠点薬局ハートヘルスプラザ ~地域住民のパートナー…

    ここ数年多くの薬局が保険調剤中心に展開している現状を見て、「薬局・薬剤師は、本当に地域で役立っているのだろうか?」と…

  37. 小松純子:諦めないで!フットケア
    • 看護師
    • 戦術
    • MED 秋田MED 秋田 2017春

    小松純子:諦めないで!フットケア

    医療介護の現場における「フットケア」とは、清潔を保ち爪や角質を整えて足を健やかに保つためのケアです。分厚くて切れない…