塩田 芳享:口腔医療革命『食べる力』 -病院が結果的に食べる力を奪っている―

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

口腔医療革命『食べる力』 -病院が結果的に食べる力を奪っている―

日本は近い将来、『人類史上初の超高齢社会』を迎えます。2030年には、三人に一人が65歳以上の高齢者となり、さらに少子化も加速します。未曽有の『少子高齢社会』です。
1960年には、11.2人の現役世代が高齢者の医療費を支えてきました。それが2030年には、
なんと1.8人で支えなくてはいけないのです。そんな時代に必要なこととは何か?
人間が本来持っている力-『自然治癒力』『免疫力』『食べる力』を最期まで維持させることを主眼として、できるだけ医療に頼らないことだと私は考えます。

しかし、現在の日本の医療界は、これとは逆の道に進んでいることをご存じですか?
病気を治すはずの病気が、人間の持っている『食べる力』を奪っているのです。もちろん、悪気があって行っている訳ではありません。結果的にそうなってしまっているのですが、だからこそ、問題は深刻なのです。

『病院が結果的に食べる力を奪っている』
人類史上初の少子高齢社会を目前にして、私たち日本人が国民全体で考えなくてはいけない問題なのです。

塩田 芳享(しおだ よしたか)

医療ジャーナリスト

口腔医療革命『食べる力』 -病院が結果的に食べる力を奪っている―

関連プレゼンテーション

  1. 岸田ひろ実:ママ、死にたいなら死んでもいいよ 〜娘のひと言から私の新しい人生が始まった〜

    岸田ひろ実:ママ、死にたいなら死んでもいいよ 〜娘のひと言から私の新しい人生が始まった〜

  2. 角田 真住:髪を失った女性に笑顔と自信を

    角田 真住:髪を失った女性に笑顔と自信を

  3. 西 晃:口から食べるへの道

    西 晃:口から食べるへの道

  4. 橋本 薫

    橋本 薫:「めぶく街と生きる。」ー前橋モデルの街づくりー

  5. 糟谷明範:域社会の “空気” を変える

    糟谷明範:地域社会の “空気” を変える

  6. 佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた

    佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた