渡邉 俊:上毛かるた制作75周年に声を大にして言いたいこと〜人間はバカだから、いつかまた同じ過ちを犯す〜

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

上毛かるた制作75周年に声を大にして言いたいこと〜人間はバカだから、いつかまた同じ過ちを犯す〜

1947 年12 月、上毛かるたの初版が発行されました。その翌年には前橋で第1 回競技県大会が開催されて多くの県民に浸透していき、目的であった県民の郷土愛の醸成に見事に貢献してきました。
今年2022 年は発行75 周年。しかし今では多くの娯楽が存在し、また親も子供も忙しくなり、上毛かるたには幾分古いイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。
でも考えて欲しいのは、上毛かるたが制作されたのは終戦からわずか2 年後のこと。このかるたには、約300 万人の日本人が犠牲となった戦争の酷さ、悲惨さがあちらこちらに表現されています。
『人間はバカだから、放っておいたらいつか絶対に戦争をする。だって今までの歴史がそうだから。お前ら、そうならないようにちゃんと歴史の勉強しろよ。』
私の中学校時代の先生が言った言葉です。同じ過ちを繰り返さない為、是非上毛かるたを通じて一度戦争を、いのちの大切さを考えてみませんか。

渡邉 俊 Shun WATANABE

一般社団法人KING OF JMK代表理事/マーケティングリサーチコンサルティングLactivator代表

上毛かるた制作75周年に声を大にして言いたいこと〜人間はバカだから、いつかまた同じ過ちを犯す〜

関連プレゼンテーション

  1. 佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた

    佐々木喜一郎:自分の病気との附き合いかた

  2. 清水広久:「僕らは、ただ出逢い・話し・聴き・感じ・創る」~ありえないつながりが導く未来~

    清水広久:「僕らは、ただ出逢い・話し・聴き・感じ・創る」~ありえないつながりが導く未来~

  3. 田村 雅美:「見た目」と「こころ」を回復するエピテーゼ

    田村 雅美:「見た目」と「こころ」を回復するエピテーゼ

  4. 宿原寿美子:~Hand in Hand~ 死化粧師の立場から想う事。

    宿原寿美子:~Hand in Hand~ 死化粧師の立場から想う事。

  5. 栗原志功:どんな人でも幸せになれる! ~幸福学が切り開く未来~

    栗原志功:どんな人でも幸せになれる! ~幸福学が切り開く未来~

  6. 萩原朔美:ことばが豊かな街を育む

    勅使川原洋子:置いてきぼりの精神障がい者